令和の「NHK紅白歌合戦」の事前報道(出場歌手の“内定”など)について

【はじめに】
この記事では、ここ最近(2020年代)の「NHK紅白歌合戦」の事前報道で、『紅白出場!?』とか『紅白内定』などといった噂の記事が出されるも、結局「出場」とならなかった事例を纏めています。

created by Rinker
¥1,100(2022/11/27 11:29:04時点 楽天市場調べ-詳細)

もちろん、リーク情報に基づく事実のニュースも多いのですが、そうした中で年に数組はファンの期待を裏切るかのようなフェイクニュース(結果的に歌手側が辞退したとみられる例を含む)が報じられてきた歴史があります。

公式にNHKの報道発表があるまで、そして昨今の感染症の状況に鑑みれば当日に実際に出場されるまで「予断は許されない」のが『NHK紅白歌合戦』です。過去にはどういった事例があったのでしょうか?

2020年(第71回)

令和に入って過去最低の視聴率となり、さらにコロナ禍により無観客開催となった2020年(令和2年)のNHK紅白歌合戦では、様々なアーティストの出場が噂されました。

噂の歌手報道日媒体見出し抜粋
中島みゆき20/09/12ポストセブンコロナ禍の今、『ファイト!』
で紅白出場あるか
少年隊20/09/21サンスポ集大成は27年ぶり紅白出場か!?
上沼恵美子20/11/05ポストセブン紅白初出場か
他にUru広瀬香美米津玄師DISH//BTS(防弾少年団)など / BiSH、DISH//、宮本浩次は翌年の第72回で出場
created by Rinker
¥2,425(2022/11/27 11:45:43時点 楽天市場調べ-詳細)

こういった報道の難しいところは、『それっぽい理由』があり、『出てもおかしくない』ラインだからこそだと思います。だからこそ噂にも確実性に高低があるでしょうが、一気に記事がネットを駆け巡るのでしょう。

2021年(第72回)

さらに2021年は「内定」という非常に期待感を持たせるワードが複数のアーティストに寄せられた他、アニメ・ゲーム枠に「有力」であるとかの噂の記事も寄せられました。しかし、終わってみれば、夏の段階で『内定』確実(振り返ってみれば、内定と確実という使われ方は日本語として不自然でしたねww)という報道のあった山崎育三郎さんや、コラボ相手の都合で立ち消えとなったとみられる【ハラミちゃん】も、結局出場しなかったことを思うと、「内定」という言葉すら信頼がおけないのです。

created by Rinker
¥2,896(2022/11/27 12:08:19時点 楽天市場調べ-詳細)
噂の歌手報道日媒体見出し抜粋
山崎育三郎21/08/13ゲンダイ“内定”確実!
和田アキ子21/09/28cyzo woman“十分に合格圏内”も……
ハラミちゃん21/10/22スポニチ初紅白内定→ 12/24取りやめ
緑黄色社会
優里
Ado
21/11/02FRIDAY山崎育三郎は内定、優里は?
『紅白』有力候補たちの「出場の壁」
ウマ娘
プリティーダービー
21/11/16スポニチ紅白出場有力
音楽番組で「反響良かった」
新しい地図21/12/13アサ芸「紅白出演」の布石!?
他に「なにわ男子」など / 緑黄色社会、Ado(ウタ名義)は翌年の第73回で出場
created by Rinker
¥2,750(2022/11/27 12:08:26時点 楽天市場調べ-詳細)

2022年(第73回)

2022年には、『女性自身』が様々なアーティスト名を記載した記事を出したそうですが多くがハズレとなったほか、スポニチが10月の段階で「安全地帯」に内定報道を出しますが、11月の出場者発表の段階では名前がありませんでした。

噂の歌手報道日媒体見出し抜粋
安全地帯22/10/17スポニチ紅白内定!視聴率回復の目玉
created by Rinker
¥6,463(2022/11/27 12:08:26時点 楽天市場調べ-詳細)

2022年は11月に入った頃から、IVELE SSERAFIMなにわ男子などに次々と「初出場」報道が出されましたが、直前とはいえ比較的的中が多く、『リークする』という形でNHK紅白歌合戦の記者会見への注目度を高める作戦もあったのではないかなと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました