声優列伝 ~坂本真綾~(出演作、ヒット曲 etc)

【はじめに】
この記事では、1980年3月31日生まれの女性声優・歌手の【坂本真綾】さんについて、日本語版ウィキペディアの引用などを通じてまとめていきます。

坂本 真綾(さかもと まあや、1980年3月31日 – )は、日本の声優、女優、歌手、ラジオパーソナリティ、エッセイスト。東京都板橋区出身。東洋大学社会学部社会学科出身。夫は声優の鈴村健一。

日本語版ウィキペディア > 坂本真綾 より
( 同上 )

経歴

経歴
8歳頃から子役として活動。1993年、OVA『リトルツインズ』のチフル役で初の主演を務める。この頃は多数の洋画作品において日本語吹き替え声優として活動を行う。

1996年、テレビアニメ『天空のエスカフローネ』のヒロインである神崎ひとみ役を担当し、声優として一躍有名になる。また、菅野よう子が、今井美樹のアルバムプロデュースをきっかけに知り合った作詞家岩里祐穂に「今井美樹のような声の女子高生がいるんだけど、プロデュースしてみない?」と話したことが発端となり、菅野・岩里の共同プロデュースによる歌手活動を本格的に開始。同時期に自身初のラジオ番組『坂本真綾のないしょ話』のパーソナリティを務め、ラジオパーソナリティとしても活動を開始する。

2003年、女優としての活動を本格化。ミュージカル『レ・ミゼラブル』のオーディションに合格し、エポニーヌ役で出演。2009年公演まで6年間担当。

2005年、初のエッセイ集『アイディ。』を出版。歌手活動では菅野よう子によるプロデュースから離れ、セルフプロデュースで音楽活動を開始。

2011年には、オリジナルアルバム『You can’t catch me』が自身初、また声優単独としては史上2人目となるオリコンチャート首位を記録する。2月には37日間のヨーロッパ一人旅を書いた初の長編エッセイ『from everywhere.』を出版。8月には、公式サイトにて鈴村健一との結婚を報告した。

2021年10月6日、健康上の理由で2022年1月に予定されていたミュージカル『リトルプリンス』を休演することを発表。12月27日、公式サイトにて第1子妊娠を発表した。

( 同上 )

出演

以下、日本語版ウィキペディアにおける「太字:メインキャラクターなど」をピックアップ。特に私が重視する出演作品を本記事上で太字にしてあります。

1990年代

1996年
・天空のエスカフローネ(神崎ひとみ)

1998年
・Night Walker -真夜中の探偵-(山崎理保)

1999年
・臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ(桂木萌)
・メダロット(純米カリン)

2000年代

2001年
・ジーンシャフト(ベアトリーチェ・ラティオ)

2002年
・バロムワン(木戸紀子)
・Kanon(天野美汐)
・ラーゼフォン(美嶋玲香 / ハルカ)

2004年
・機動戦士ガンダムSEED DESTINY(ルナマリア・ホーク、マユ・アスカ)

2005年
・ツバサ・クロニクル(知世姫)

2006年
・桜蘭高校ホスト部(藤岡ハルヒ)
・貧乏姉妹物語(山田きょう)

2007年
・DEATH NOTE(高田清美)

2008年
・黒執事(シエル・ファントムハイヴ)
・ソウルイーター(クロナ)
・タカネの自転車(高澄高嶺)
・鉄腕バーディー DECODE(中杉小夜香)
・マクロスF(ランシェ・メイ)
・ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜(モルテ・アーシェラ)

2009年
・CANAAN(アルファルド)

2010年代

2010年
・COBRA THE ANIMATION(シークレット)
・荒川アンダー ザ ブリッジ(ニノ)
・四畳半神話大系(明石さん)

2011年
・アップルシードXIII(デュナン)
・ブレイド(マコト)

2012年
・〈物語〉シリーズ(忍野忍)

2013年
・マギ The kingdom of magic(シェヘラザード)

2014年
・キャプテン・アース(モコ)

2015年
・アルスラーン戦記(ファランギース)
・攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE(草薙素子)
・ゴッドイーター(アリサ・イリーニチナ・アミエーラ)
・七つの大罪(マーリン、ローザ)

2016年
・こねこのチー ポンポンらー大冒険(お母さん)
・舟を編む(林香具矢)

2017年
・Re:CREATORS(築城院真鍳)
・Fate/Apocrypha(ルーラー / ジャンヌ・ダルク)
・メイドインアビス(ライザ、ナレーション)

2018年
・Cutie Honey Universe(キューティーハニー / 如月ハニー)

2019年
・フルーツバスケット(草摩慊人)
・キャロル&チューズデイ(クリスタル)
・鬼滅の刃(珠世)
・炎炎ノ消防隊(森羅〈子・幼少期〉、象日下部)
・あんさんぶるスターズ!(あんず)
・BEM(謎の女 / ベガ)
・Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

2020年代

2021年
・半妖の夜叉姫(是露)
・美少年探偵団(瞳島眉美)

劇場版

2009年
・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(真希波・マリ・イラストリアス)

ディスコグラフィ

「Rxヒット指標」に基づくヒットシングルを集計しました。参考程度にご覧ください。

再生数は「÷10万」を基本としたが、Fate関連は「÷30万」とした。
  1. (90万pt)【1999年】『プラチナ』
  2. (70万pt)【2015年】『色彩』
  3. (37万pt)【2008年】『トライアングラー』

1位としたのは『プラチナ』。10年以上前にリリースされた楽曲としては抜群の再生回数を誇るほか、カバー回数でも圧倒的な差をつけており、筆頭に挙げられる代表曲と言って良いと思います。さらに、この表には含んでいませんが、悠木碧さんのカバーした『神のみぞ知るセカイ』バージョンも再生回数は300万回を突破しています。

2位以下で得点を伸ばしているのが「Fate」関連です。『色彩』は唯一YouTube1,000万再生を突破しています。DL数でもプラチナ認定を得ており、若い世代への浸透度が窺える結果となっています。

そして3位は『マクロスF』の初代OPだった『トライアングラー』です。この年の年間上位にまで進出した楽曲で、CDからデジタルへの過渡期だった2008年において、CD売上も、デジタル売上も、トップクラスを叩き出す話題曲でもありました。

結果的に、『マクロスF』の主題歌はすべて大ヒットとなり、この後にリリースされた『星間飛行』や『ライオン』の印象が強いですが、リリース当時はこの楽曲が話題の中心だったことを忘れてはなりません。

上の表を見ても、シングル曲で10万ptを突破している楽曲が、活動時期を通じて満遍なく分布しています。コンスタントに活躍を続けてきたというのが数字からも垣間見えるところです。それだけでなく、アルバムやカップリング曲などにも人気曲が多数あり、非常に底堅いアクションを25年以上も続けてきた稀有な声優アーティストと言えるでしょうね。

Rx(好きな曲)ランキング上位を列挙する

以下、私の好きな曲を列挙していきます。そこまで詳しくないとはいえ、シングル曲以外も含めて、相当数の楽曲がわが好きな曲の週間チャート上位にランクインしてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました