ウィキペディア小旅行「埼玉県行田市」

【はじめに】
皆さん「Wikipediaで小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回の目的地は、埼玉県の「行田市」です。素敵な旅をお過ごし下さい。

行田市(ぎょうだし)は、埼玉県の北部に位置する市。人口は約8万人。旧・武蔵国埼玉郡。

日本屈指の足袋産地(行田足袋)として知られ、「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」が日本遺産に認定されている。全国有数の大型古墳群である埼玉古墳群は国の特別史跡に指定されている。

行田市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』( 以下略 )
  • 面積 67.49km2
  • 総人口 77,327人(推計人口、2022年4月1日)
行田市位置図

歴史

行田市大字埼玉(さきたま)は、古くは『万葉集』に「さきたまの津」という記述があり、『風土記』にも「武蔵国埼玉郡(さきたまごおり)」とあるように、「埼玉県」という地名の発祥地であるとされる。古墳時代には稲荷山古墳などが造成され、これらからは金文字の入った金錯銘鉄剣など貴重な文化財が出土している。

江戸時代には忍藩領となり、阿部氏、後に松平氏城下町。石高は十万石。江戸時代中期より、下級武士の内職として足袋の生産が始まり、明治時代を迎えて機械化されたことで一大産地(行田足袋)となった。最盛期の1938年には約8500万足の足袋を生産し、全国シェアの約8割を占めた。

第二次世界大戦後の日本では洋装化が進み、ナイロン靴下が普及したため、行田の足袋産業は衰退した。2020年(令和2年)現在でも足袋の生産は行われており、足袋から転じた繊維産業が地場産業として一定の地位を占めている。また、かつて足袋を保管していた足袋蔵を博物館や飲食店に転用して、観光資源として活用している。

・1949年(昭和24年)5月3日 – 忍市として市制施行、即時改称し行田市となる。

ご当地グルメ

created by Rinker
¥1,100(2022/09/26 03:27:26時点 楽天市場調べ-詳細)

著名な出身者

created by Rinker
¥2,851(2022/09/25 14:57:37時点 楽天市場調べ-詳細)

ゆかりのある人物

  • 鳥居みゆき – お笑い芸人。行田市観光大使。学生時代の数年間を行田で過ごした
  • 安岡力也 – 俳優。当市育ち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました