「NHKのど自慢」分析 ~「歌唱力」編~【2023年度版】

【はじめに】
「NHKのど自慢」で合格率を独自指標で分析するシリーズ:今回は『歌唱力』と合格率の関係性です。
『歌がうまい』方が合格しやすいのは自明ですが、それが本当かどうか、過去5年あまり視聴してきてのデータを分析したので皆さんに共有します。

そして、「2.5点」満点で評価した私の歌唱力評価(の手元集計)と合格率の関係性を見ていく後半戦では、『思った以上の相関性』や『歌唱力以上に大きなファクターであるD難度』の存在を暗示していきたく思います。ぜひ最後までご覧ください!

ちなみに、「E難度+D難度」としたネーミングについては、『体操のスコア』を元ネタとしています。「歌唱力」の英語の頭文字が「E」とかではなくて、イメージとして「E難度:演技点≒歌唱力」、「D難度:技の難易度≒楽曲難易度」みたいな側面からの借用に過ぎない点は予めご了承ください。

E難度(歌唱力評価)

1つ目はストレートに、出場者の『歌のうまさ』です。建前としては他の視聴者参加型音楽番組とは違って『歌のうまさ』だけではないとされますが、やはり『歌がうまい』ことが減点要因となることは稀で、『歌がうまい』ことに越したことはないというのが「NHKのど自慢」審査での実情です。

なお集計は「2.5点」を満点とし、後述する楽曲難易度と合算した値を四捨五入すると「鐘3つ/2つ」のボーダーとすることを目安としています。

並のプロ歌手を2.45点としていますから、満点の「2.5点」は『プロ並み』の中でも上の方という印象を持っています。例えば、『歌唱王』だとか『カラオケバトル』といった歌唱を極めるタイプの番組の出場者の結構な割合は並のプロ顔負け(場合によってはそのまま近々プロデビュー)ですので、そういった類の水準に達しているという判断です。

年度別「E難度」の平均値

下に示す表は、2017年10月以降の手元判定を年度ごとに纏めたものです。あくまでも感覚でつけているものですし、明確な基準も客観性もないのですが、それでもある程度の「推移関係」にはなっていることが今回まとめてみてわかりました。

年度◎チャンピオン○合 格●鐘2つ▲鐘1つ
20172.252.222.011.50
20182.262.192.031.38
20192.312.242.031.25
20202.242.211.97-.--
20212.292.192.001.60
20222.252.222.021.70
20232.272.201.991.60
平 均2.272.212.011.50

この表の値をみてみると、「合格者」と「不合格者」の平均値は0.2ptほど(約10%)の差があることが分かります。鐘1つとなると更に平均値は大きく落ちますから、やはり『歌のうまさ』が審査の基本となっていることが窺えます。

created by Rinker
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
¥2,530 (2024/04/15 08:42:03時点 Amazon調べ-詳細)

一方で、チャンピオンになった方(◎:2.27)とその他の合格者(○:2.21)では0.1pt以下の差しかない(2.5%程度)ことを考えると、合格者の中から選ばれるチャンピオンというのは、「歌唱力だけで決まるものではなさそう」というのが私の第一感でした。

「歌唱力」別の合格率の推移

ちなみに、「歌唱力」の値でどのように合格率が遷移していくのかざっくり見ていきましょう。

2023年度末時点での集計だと、如実に合格率が歌唱力と相関していることが分かります。歌唱力と合格率の相関係数は約0.93でした。グラフにしてみると、実数はこんな感じ(↓)。

そして、各階層「100%積み上げ」グラフにしてみると下のような形となり傾向が顕著となりました。

身も蓋もないことを言ってしまえば、NHKのど自慢で「合格」したければ、歌唱力を高めろ! というあまりにも自明そうな答えとなってしまいます(苦笑)

【予告】D難度(楽曲難易度)

最後に、まだ記事は書いていませんが、もう一つの指標「D難度(楽曲難易度)」についても似た表を掲載しておきます。この表をみると、点差は上と同じぐらいですが、分母が全く違うのでこちらの方が「合格」に与える影響は大きいと見られます。

年度◎チャンピオン○合 格●鐘2つ▲鐘1つ
20170.370.310.250.13
20180.370.320.230.20
20190.430.340.230.10
20200.480.410.27-.--
20210.470.380.250.10
20220.490.400.280.10
20230.480.410.290.17
平 均0.440.370.260.15

チャンピオンと合格者での平均値が0.07pt(合格者を基準とすると約2割増)、合格者と鐘2つとの差が0.11pt(鐘2つを基準とすると約4割増)と、『楽曲の合格しやすさ』は『歌唱力』より遥かに(数倍といったスケール)で合格するかの結果に影響を及ぼしていることが窺えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました