「本屋大賞」の大賞受賞作品を一覧にしてみた(貴方は何作 知ってる?)

【はじめに】
2004年に始まった文学賞「本屋大賞」の大賞受賞・ノミネート作品を、(クイズ学習用を兼ねて)一覧にしてみました。皆さんは何作品知っていますか? 読んだ作品ありますか? これから一緒に学んでいきましょう!

created by Rinker
¥770(2022/09/26 02:57:03時点 楽天市場調べ-詳細)

「本屋大賞」について

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。

一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

日本語版ウィキペディア > 本屋大賞 より
( 同上 )

「本屋大賞」は、書店員の投票によるところが画期的で特徴とされています。この賞に関するジレンマなどについては、中田敦彦のYouTube大学およびそれに関連するクイズ記事(note)をご参照下さい。今回は詳細を割愛します。

2004年:『博士の愛した数式』小川洋子

第1位が大賞受賞作品。年は大賞発表年。第10回までの受賞作品は全て映像化・漫画化などのメディアミックスがなされており、ノミネート作品にも過去にメディアミックスがおこなわれたもの、あるいはその後なされたものが多い。

『告白』や『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』などの大ヒット作品も多く、そういう点では芥川賞・直木賞より“稼げる”文学賞とも言われる。

( 同上 ) > 受賞・ノミネート作品 より
created by Rinker
¥462(2022/09/26 02:57:03時点 楽天市場調べ-詳細)

2005年:『夜のピクニック』/恩田陸

created by Rinker
¥781(2022/09/26 02:57:03時点 楽天市場調べ-詳細)

2006年:『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』/リリー・フランキー

2007年:『一瞬の風になれ』/佐藤多佳子

2008年:『ゴールデンスランバー』/伊坂幸太郎

created by Rinker
¥1,100(2022/09/26 03:42:23時点 楽天市場調べ-詳細)

2009年:『告白』/湊かなえ

2010年:『天地明察』/冲方丁

2011年:『謎解きはディナーのあとで』/東川篤哉

2012年:『舟を編む』/三浦しをん

この年より「翻訳小説部門」が新設

2013年:『海賊とよばれた男』/百田尚樹

2014年:『村上海賊の娘』/和田竜

2015年:『鹿の王』/上橋菜穂子

2016年:『羊と鋼の森』/宮下奈都

この年から「超発掘本!」が発足

2017年:『蜜蜂と遠雷』/恩田陸

2018年:『かがみの孤城』/辻村深月

この年に「ノンフィクション部門」が創設

2019年:『そして、バトンは渡された』/瀬尾まいこ

  • 1位:『そして、バトンは渡された』/瀬尾まいこ
  • 翻訳小説部門:『カササギ殺人事件』/アンソニー・ホロヴィッツ(著)、山田蘭(訳)
  • ノンフィクション部門:『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』/ブレイディみかこ

2020年:『流浪の月』/凪良ゆう

2021年:『52ヘルツのクジラたち』/町田そのこ

2022年:『同志少女よ、敵を撃て』/逢坂冬馬

コメント

タイトルとURLをコピーしました