ウィキペディア小旅行「沖縄県那覇市」

【はじめに】
皆さん「Wikipediaで小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回の目的地は、沖縄県の「那覇市」です。素敵な旅をお過ごし下さい。

リード文

那覇市沖縄語: ナーファ、ナファ)は、沖縄県沖縄本島南部に位置する。沖縄県の県庁所在地及び最大の都市であり、中核市中枢中核都市に指定されている。

那覇市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』( 以下略 )
  • 面積:39.98km2
  • 総人口:314,159人(推計人口、2022年4月1日)
那覇市位置図

概要

沖縄県の政治経済文化の中心であり、また県外や周辺離島とを結ぶ那覇空港那覇港を擁することから沖縄県の玄関口としての役割も担っている。 都道府県庁所在地では、唯一JR線が通らない。

面積は日本の全都道府県庁所在都市の中で最も小さく、人口密度首都圏近畿圏政令市行政区を除くと全国で最も高い。また、那覇空港が市域面積の8%以上を占め、そのなかには自衛隊を含む。この他在日米軍施設那覇港の民間用途の施設の分も考慮に入れると、実際の都市活動に使用できる面積は限られる。さらに、那覇空港の制限表面により、市街地の多くは超高層ビル超高層マンションを建てることが出来ない。

都市化に伴って周辺自治体のベッドタウン化が進み、那覇市を中心市とする那覇都市圏の人口は約78万人(都市雇用圏 – 2005年)となっている。なお、地方での人口減少が深刻な問題になっている今日においても那覇市及び那覇市の周辺自治体では人口増加が著しく、2015年12月現在の都市雇用圏人口は約86.1万人。

氏名の由来

「那覇(なは)」の語源は、漁場を表す「なふぁ」からきている。この由来は、那覇市のサイトにも、伊波普猷の唱えた説として紹介されている。なお、那覇を本来の表記(旧字体)で表すと外字にあたるため、那覇市では人名用漢字を使用している。本来、「那」は左側の2本の横線を縦線の右まで突き通し、「覇」は西の下部にある一本線がない形()になる。

地理

主な干潟
漫湖

歴史

那覇は国場川河口の港で、安里川河口の泊(とまり、現在は那覇市の一部)の港とともに、古くから琉球王国首都首里の貿易港として、東アジア東南アジア一帯の中継貿易拠点として栄えてきた。

created by Rinker
¥880 (2024/06/16 11:13:10時点 楽天市場調べ-詳細)

かつて那覇は国場川・安里川の河口の湾に散在した島々で、その一つの浮島は尚巴志王によって小さな港が整備されていた。 1451年景泰2年)、尚金福王からの冊封使を迎えるため、中国人の懐機に命じて「長虹堤」と呼ばれる長さ1km に及ぶ堤道を建設させて沖縄本島の安里川側と繋いだ。 陸路交通が整備されたことから港としての発展が始まり、那覇四町(西・東・若狭・泉崎)と呼ばれる市街地が形成された。

観光

世界遺産
2000年12月世界遺産琉球王国のグスク及び関連遺産群」として登録された9か所の史跡のうち、那覇市内には、以下に挙げている4か所が存在している。

観光スポット
首里金城町石畳道
国際通り

文化・名物

出身関連著名人

コメント

タイトルとURLをコピーしました