ウィキペディア小旅行「鹿児島県鹿屋市」

【はじめに】
皆さん「Wikipediaで小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回の目的地は、鹿児島県の「鹿屋市」です。素敵な旅をお過ごし下さい。

鹿屋市(かのやし)は、鹿児島県にある九州南東部、大隅半島の中央部に位置する。

鹿屋市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』( 以下略 )
面積448.15km2
総人口99,255人(推計人口、2022年4月1日)

概要

人口10万人を擁する、大隅半島の行政・経済・産業の中核となる都市である。年間の平均気温17℃という温暖な気候と豊かな自然を活かした農業畜産が盛んであり、黒豚ブロイラー落花生サツマイモなどが特産品である。

また、国立大学鹿屋体育大学海上自衛隊鹿屋航空基地がある。 鹿児島県内では鹿児島市県庁所在地)・霧島市に次いで3番目の人口規模を有する都市である(人口10万人規模の都市としては他に薩摩川内市がある)。

現在の鹿屋市は2代目であり、旧鹿屋市と肝属郡の2町(吾平町串良町)、曽於郡1町(輝北町)との合併により2006年に発足した。初代・鹿屋市の市制施行は1941年5月27日(海軍記念日)である。

歴史

市名の由来は、鹿屋市史によるといくつかの説があるといわれている。

  1. 古事記日本書紀に登場する「熊襲(くまそ)の首長鹿文(かや)」の名によるという説。
  2. 周辺に多く自生していた茅(ちがや)の名が、「かのや」に転訛したという説。
  3. 鹿(しか)が多く棲息しておりそこから「かのや」になったとの説。

歴史的にみると、平安初期には「かのや」の地名で呼ばれていたということである。

地域

大学
白水町(花岡地区)に国立大学鹿屋体育大学が所在する。体育大学としては唯一の国立大学である。1981年に設置、1984年より学生の受け入れを開始し現在に至る。

全国で唯一の国立体育大学で、広大なキャンパスにある充実した施設は国内最高水準である。2004年アテネオリンピック競泳金メダリストの柴田亜衣をはじめ、2008年北京オリンピックでは競泳、バレーボールで4名の選手が出場。 2012年ロンドンオリンピックでも競泳、自転車で4名の選手が出場した。

鹿屋体育大学
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

交通

2019年現在、沖縄県を除く日本の人口10万人以上の都市の中で唯一旅客を扱う鉄道駅が存在せず、自家用車・バスが専らの交通手段となる。

出身者・ゆかりのある人物

created by Rinker
¥737(2022/09/27 04:57:51時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました