ウィキペディア小旅行「栃木県足利市」

【はじめに】
皆さん「ウィキペディア小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回は「栃木県足利市」を巡っていきます。素敵な旅をお過ごし下さい。

【ふるさと納税】ココワイン 月と太陽セット【 栃木県 足利市 】

足利市(あしかがし)は、栃木県南西部にある。旧足利郡と旧群馬県山田郡の一部から成る。地方拠点都市。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼びルイス・フロイス が日本全国で唯一の大学と記した足利学校がある。

足利市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

面積:177.76km2

人口:141,077人【2022/12】

概要

栃木県南西部に位置する安足地区の中心都市。1921年大正10年)1月1日足利郡足利町が栃木県内2番目・県南部で初めて市制施行。2021年(令和3年)1月1日、市制施行100周年を迎えた。隣接する群馬県桐生市とともに織物業が盛んで、足利銘仙の産地として知られる。人口は約14万千人で栃木県内第4位。昭和後期から平成前期までは県南部で人口最多の市であった。県南地域の佐野市栃木市小山市とともに栃木県南部地方拠点都市地域の中心都市に指定されている。

created by Rinker
¥3,520 (2024/07/26 05:13:50時点 楽天市場調べ-詳細)

市内に史跡美術館が多く、本庁地区に足利学校鑁阿寺足利市立美術館草雲美術館富田地区栗田美術館あしかがフラワーパークがあり、2010年平成22年)は330万9千人だった観光客入込数が2015年(平成27年)には394万5千人に増加している。平成年間の観光客入込数は増加傾向にあり、2018年(平成30年)には508万3千人に達した。2019年令和元年)は486万2千人で、県内第6位の観光客入込数となった。南部の御厨地区に旧日光例幣使街道八木宿跡があり、両毛地域民謡である八木節の名の由来となっている。

2015年(平成27年)4月、聖廟および附属建物を含む足利学校跡、足利学校遺蹟図書館の蔵書である『礼記正義』・『尚書正義』・『文選』・『周易注疏』、孔子の祭である釈奠が、水戸市の旧弘道館備前市の旧閑谷学校日田市咸宜園跡などとともに「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」の名で日本遺産に認定された。

足利家歴代当主の宗廟があった法界寺跡(樺崎寺)や、室町幕府三代将軍・足利義満が再興した浄因寺や、初代将軍足利尊氏が崇拝した日本三大毘沙門天の一つである大岩毘沙門天など足利氏ゆかりの寺が多い。京都市や鎌倉市に似た景観を待つことから、「東の京都」、「北の鎌倉」と呼ばれている。足利市は全国京都会議に加盟しており、足利市と鎌倉市は姉妹都市の提携を行なっている。

関係ある著名人

コメント

タイトルとURLをコピーしました