プレバト!! の『音』俳句10句と振り返る「俳句と音」について【文字で聴覚を刺激しろ!】

【はじめに】
今回は、前半で『音』のイメージが強い季語にどういったものがあるのかを考察していき、後半では、過去に「プレバト!!」で披露された『音』俳句を通じて、どうすれば読み手の『聴覚』を刺激することができるのかを考えていきたいと思います。

created by Rinker
¥1,760(2023/01/30 19:05:20時点 楽天市場調べ-詳細)

『風鈴の音』とか『花火の音』とか、ついつい癖で【の音】みたいな音数調整しちゃっていませんか? プレバト!! 俳人の名人・特待生の句などを参考に一緒に学んでいきましょう!

「音」を本意に含む代表的な季語たち

夏井いつき先生の著作『季語道場』の帯に触れられている『季語の六角成分図』を活用してみると、

created by Rinker
¥1,320(2023/01/30 19:05:20時点 楽天市場調べ-詳細)

「五感+α」の六角形のチャートで構成される6つの角のうち、『聴覚』の印象が強いか弱いか(出っ張っているか引っ込んでいるか)が分かりやすいかと思います。

『季語の本意ほい』なんて難しい言葉を使うと読むのが疲れてしまいそうなので、イメージ的には(↓)

この言葉(季語)はやっぱり『音』のイメージ強いよね!

ってものが幾つかあると思います。俳句歳時記が手元にある方はペラペラと捲ってみて頂きたいのですが、『音』を連想しやすいものと余り連想されないものに二極化されるのではないでしょうか?

created by Rinker
¥2,310(2023/01/30 19:05:20時点 楽天市場調べ-詳細)

例えば、普通の俳句歳時記の見出しになっているような季語から『音を連想しやすそうなもの』を二十数個ほどピックアップしてみました。(↓) もし知らない季語があってもOKです。時間がある時に、その季語を調べてみるキッカケになれば幸いです。

分類
時候
天文雪崩
春一番
梅雨
秋の声
台風
こがらし
虎落笛もがりぶえ
地理野焼
流氷
秋の海
生活風鈴
扇風機
花火雪合戦
行事運動会初商
動物猫の恋

うぐいす
さえず


時鳥ほととぎす
郭公かっこう
ひぐらし
蚯蚓みみず鳴く
植物

特に、『花火』とか『風鈴』、『蚊』などは誰の脳にも似たような音が再現されるでしょうし、一方で『運動会』とか『台風』などは多少違っても様々な音が聞こえてきそうな気がします。極端に言えば、『無音のこれ(=季語)があったら怖い』レベルのものでなければ何かしら『音』の要素があるものだと思います。

俳句を作る際に、手癖のように『風鈴【の音】』とか『花火【の音】』などと音数調整をしてしまいがちですが、この3音が本当に必要か、別の情報を寄せられるんじゃないかという選択肢も候補に入れてみては如何かと思います。

どうも『音』を含みやすいかどうか、俳句歳時記の『分類』でみるとある程度傾向がありそうなので、目安を5段階の「☆」で表してみましたので、こちらの表を参考にしてみてください。(↓)

分類音の目安解説
時候★☆☆☆☆時候の季語そのものに「音」を含むものは稀
天文★★★☆☆荒天(雨や風)は「音」があり、雷などは強い
地理★★★☆☆地面系は弱いが、水(海・川・氷)などは強い
生活★★★☆☆範囲が広いため、「音」が強いかは季語次第
行事★★★☆☆物によって賑やかだが、万人が連想するかは疑問
忌日★☆☆☆☆「音」そのものを喚起させる季語は非常に限定的
動物★★★★☆魚介類などを除けば、鳥など「音」の印象が強い
植物★★☆☆☆落ちたり食べたり「音」を連想させるパターンも

一番評価点が高かったのは『動物』です。そして、『天文』や『地理』、『生活・行事』といった季語は、物によって『聴覚』を刺激するかが二極化する印象がありました。

一方、『植物』や『時候』、『忌日』といった辺りは非常に『音』の想起能力が低いので、何かしらのテクニックを使って『聴覚』を補うか、全く別の『音のするもの』を持ってくるかしないと、無音の世界になりがちなので注意が必要かと思います。

「プレバト!!」の『音』俳句・厳選10句

さて、ここからは「プレバト!!」で披露された俳句(添削後を含む)のうち『音』を含む傑作を幾つかみていきたいと思います。どうやって文字の文芸に『音』を響かせてきたのでしょうか?

  1. 『滂沱たる風鈴のや市の朝』/梅沢富美男
  2. 『ハモニカのソのつくし出るよ出るよ』/藤本敏史’
  3. 『君の耳ただ満月の照らす』/向井慧
  4. 『賽銭のや初鳩青空へ』/鈴木光
  5. 『「運命」のドア叩く春疾風』/千賀健永
  6. 『梅雨の猫が眺める洗濯機』/中川翔子
  7. 『海苔刻む等間隔のや春』/筒井真理子’
  8. 『手袋のまま割る箸の乾いた』/千原ジュニア
  9. 音なき音や八月の遠花火』/東国原英夫
  10. 『秋夕焼へ失っていく列車』/村上健志

「季語」に『音』を付けた事例

まずは「季語」を付けた事例からみていきましょう。1句目の梅沢名人の句は『滂沱たる風鈴のや』といきなり音のする季語に『音』を付けた上で切れ字『や』で強調しています。

『滂沱(ぼうだ)』『風鈴』『音(ね)』『や』それぞれに主張して強い単語のはずなのですが、それを12音で並立させ、季語でない下五の『市の朝』で纏め上げるテクニックは流石の名人です。

created by Rinker
¥2,500(2023/01/30 22:53:41時点 楽天市場調べ-詳細)

あと例えば6句目のしょこたんの猫の句などは、『梅雨の』というふうに天文の季語を補強した上五の形をつくることで、『猫が眺める洗濯機』という後半12音に負けないバランスを保っています。

「季語」以外に『音』を付けた事例

2句目以降は、基本的に季語以外のものに『音』の一字が付けられています。
例えば、2句目(ハモニカのソの音)や5句目(運命のドア叩く音)などは音楽と関連してはっきりと『音』と連携した取り合わせとなっていますが、4(賽銭の音)・7(海苔刻む音)・8句目(割り箸の音)などは日常・生活の中の音にスポットライトを当てています。

そして、音のしないものに音を取り合わせるという高等テクニックを見せたのが、現在は特待生に昇格をしている『パンサー・向井慧』さんです。3句目『君の耳ただ満月の照らす』は75点という高得点を叩き出した訳ですが、

  • 「君の耳」という季語でない5音で上五を作っている(バランスを取るのが難しい)
  • 「ただ」という単語を俳句の中で使うのが難しい(散文的になりやすい)
  • 「満月の照らす」と音のしないもので『聴覚』を刺激する

という極めてハイレベルなテクニックを詰め込んだ作品となっていて、夏井先生も絶賛していました。もちろん当時から『噛ませ犬』的な立ち位置なことを本人も自覚していましたが、しっかりと特待生に昇格する実力を持ったことを思うと、お祖母様の俳句の本で勉強するはあったということでしょう。

『音』がしないと強調した作品たち

永世名人クラスになると、『音がしない』という描写によって映像を際立たせたり、無音を印象的に立ち上がらせる高等テクまで使いこなすようになります。

  1. 音なき音や八月の遠花火』/東国原英夫
  2. 『秋夕焼へ失っていく列車』/村上健志

『遠花火』も『列車』も本来であれば『音』との結びつきが強い存在であるはずなのに、『遠い』ことを描写することで遠近感を意識させ、音のなさをもって季語の情景を浮かび上がらせています。これが出来るようになれば、『永世名人』クラスということなのでしょうかねー

まずは皆さんには、『音』を効果的に鳴らして、『聴覚』を刺激するところをマスターして頂ければと思います。それをするだけでも「プレバト!!」でいう名人クラスを狙えるのではないでしょうか。ぜひ上に書いたような俳句も参考にしながら、文字の文芸で『音』を楽しんでみて下さい! 何か良い句が出来ましたら、ぜひコメント欄にもお寄せ下さいね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました