【冬・動物】「綿虫(雪虫)」(&春の季語のもうひとつの「雪虫」)

【はじめに】
この記事では、「雪虫」と呼ばれることもある「綿虫」について纏めていきます。

created by Rinker
¥5,995(2023/01/31 16:47:56時点 楽天市場調べ-詳細)

雪虫(ゆきむし)とは、アブラムシカメムシ目ヨコバイ亜目アブラムシ上科)のうち、白腺物質を分泌するが存在するものの通称。体長5mm前後の全身が、綿で包まれたようになる。

雪虫
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィキペディアにみる「雪虫」について

この虫の呼び名としては、他に綿虫(わたむし)、雪蛍、東京地域のオオワタシーラッコシロコババ、京都地域のゆきんこおこまさん、伊勢地域のオナツコジョロ、水戸地域のオユキコジョロがある他、しろばんばといった俗称もある。小説『しろばんば』のタイトルは、この虫に由来する。

( 同上 )
created by Rinker
¥935(2023/01/31 08:59:39時点 楽天市場調べ-詳細)

具体的な種としては、トドノネオオワタムシ、ヒイラギハマキワタムシなどが代表的な存在である。

アブラムシは普通、のない姿で単為生殖によって多数が集まったコロニーを作る。しかし、秋になって越冬する前などに、羽を持つ成虫が生まれ、交尾して越冬のために産卵する。この時の羽を持つ成虫が、物質を身にまとって飛ぶ姿が、雪を思わせる。アブラムシの飛ぶ力は弱く、風になびいて流れるので、なおさらに雪を思わせる。

北海道東北地方では、初雪の降る少し前に出現すると感じられることが多いため、冬の訪れを告げる風物詩ともなっている。雄には口が無く、寿命は1週間ほど。雌も卵を産むと死んでしまう。熱に弱く、人間の体温でも弱る。

( 同上 )

『雪』を連想させるため『雪虫』というネーミングが人口に膾炙しています。実際、人肌に触れると…という部分を見れば尚のこと、『雪虫』らしさに溢れている印象ですよね。

※ちなみに個人的には、実物とは違うファンタジーなものですが、アニメ『ARIA The ANIMATION』などに登場した“可愛らしい生き物”を想像していました。

created by Rinker
¥17,875(2023/01/31 17:01:34時点 楽天市場調べ-詳細)

ただ、そんな『雪虫』として知られるこの昆虫は、俳句歳時記では冬の季語として収録……されていると思ったのですが、実はややこしい所が一点あります。

俳句では、季語同じ「雪虫」と呼ばれるセッケイカワゲラは黒い昆虫で、の季語。

( 同上 )

ウィキペディアでは『同じ「雪虫」と呼ばれるセッケイカワゲラ』という黒い昆虫も、季語(しかも季節が違う春の季語)となっているというのです。早速、手元の俳句歳時記を引いてみました。

俳句歳時記にみる2つの「雪虫」

手元の電子辞書にある「角川俳句大歳時記」から、『雪虫』と検索してヒットする2つの季節の季語をピックアップしておきましょう。

  • 冬 綿虫【わたむし】[動物]
    傍題:大綿、雪蛍、雪婆(ゆきばんば)、白粉婆(しろこばば)、雪虫
  • 春 雪虫【ゆきむし】[動物]
    傍題:(なし) ※ウィキペディアでいう「セッケイカワゲラ」

主たる季語としては、春の方の「雪虫」が掲載されていました。寧ろこちらの方を連想する人が、ひょっとすると全国にはいらっしゃるのかも知れません。

ウィキペディアにある「雪虫」は、歳時記の季語としては『綿虫』の傍題という位置づけになっていました。そして、綿虫の傍題にある幾つかの別名についても、ウィキペディアに書かれていましたね。

俳句歳時記などにみる「雪虫」の例句

では最後に、雪虫の例句をご紹介していきます。まずは、冬の季語の方の『綿虫』と傍題からです。

  1. 『綿虫や夕べのごとき昼の空』/阿部みどり女
  2. 『綿虫に瞳を細めつつ海の青さ』/橋本多佳子
  3. 『綿虫や海道一重山幾重』/百合山羽公
  4. 『澄みとほる天に大綿うまれをり』/加藤楸邨
  5. 『大綿やだんだんこはい子守唄』/飯島晴子
  6. 『休みなく舞ふ一生や綿虫は』/倉橋羊村
  7. 『窓開けて白き神々雪蛍』/伊藤白雲
  8. 『綿虫の風の行方を追ふ速さ』/岡安仁義
  9. 『この指にとまれ夕日も綿虫も』/大石悦子
  10. 『綿虫の無音と無音ぶつかりぬ』/矢口晃
  11.  ( 後日 )

そして、最後に、春の季語の方の『雪虫』の例句から2作品をご紹介して最後です。

  1. 『言霊や たんと雪虫生まれたる』/松澤雅世
  2. 『雪虫の飛んでいのちを使ふかな』/江澤艶子

コメント

タイトルとURLをコピーしました