ウィキペディア小旅行「大分県日田市」

【はじめに】
皆さん「ウィキペディア小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回は「大分県日田市」を巡っていきます。素敵な旅をお過ごし下さい。

日田市(ひたし)は、大分県の北西部に位置するである。福岡県熊本県県境を接する。

日田市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』( 以下省略 )
面積666.03km2
総人口60,716人(推計人口、2022年11月1日)

地理

大分県に属するが、筑後川水系にあるため歴史的に福岡県の筑後筑前地方とのつながりが強い。この地域の方言である日田弁肥筑方言の特徴を持つ。周囲を山に囲まれた典型的な盆地であり、多くの河川が流れ込み「水郷(すいきょう)」を形成している。
日田盆地周囲の山地は、標高がおよそ1,000メートル、旧前津江村中津江村上津江村がある山間部では、標高が1,200メートルほどになる地域がある。

九州型の太平洋側気候。盆地のため夏と冬、朝晩の気温差が大きい。年降水量は1,900mm弱と多く、梅雨期に年間降水量の3分の1以上が集中する。過去にも度々梅雨末期の集中豪雨に見舞われ、大きな被害を出してきた。盆地であるため春から秋にかけては朝夕に地元では「底霧」と呼ばれている深いが発生しやすく、過去には霧日数が年間100日を超えたこともある。

暖候期は全国でも特に最高気温が上がりやすい地点の一つであり、春から初夏の早い時期から暖気に覆われると真夏日猛暑日となることがある。夏は猛暑日となる日が多く、年間猛暑日数45日の国内最多記録を持ち、連続猛暑日も22日と岡山県高梁市に次いで(ともに1994年)国内2位の記録を持つ。その日の国内最高気温を記録することも珍しくないが、熱帯夜となる日は多くない。

created by Rinker
¥1,000 (2024/04/14 22:13:27時点 楽天市場調べ-詳細)

一方、冬は1月の平均気温が3.9℃と九州の都市としては寒さが厳しく、冬日が多くなる。放射冷却がよく効いた日は氷点下5℃以下まで下がることもあり、近年でも2012年2月3日に-9.1℃を記録している。大分県内においては比較的積雪が多い地域で、2001年までの記録では盆地の市街地での積雪は多くの年で10cm以下であるが、山間部では30cm以上に達することもある。

旧前津江村の椿ヶ鼻アメダスでは例年3,000から4,000mmの年降水量を観測するなど山間部では降水量が非常に多い。それがの生育を早めるため、林業地域としての日田に寄与している部分もある一方で、土砂崩れのような自然災害を発生させる原因ともなっている。

かつては有人の気象官署があったが、2001年に無人化され日田地域特別気象観測所(アメダス)へと格下げされ、積雪や雷日数などの項目について観測がされなくなった。

歴史

地名の由来
令制国としては豊後国に属した。「日田」の地名の由来にはいくつかの説があり定かではない。

720年から740年頃に成立した『豊後国風土記』では、景行天皇が九州遠征時に浮羽から日田に立ち寄った際に、「久津媛」(ひさつひめ)と名乗る神が人となり現れたことに因んで名づけられたもので、後に久津媛が訛って「日田」になったとしている。

江戸時代に大坂江戸を手本に町人文化が繁栄し、現在でも小京都などと呼ばれる。特に、代官・郡代により掛屋に指定された商人は大名貸の金利などにより利益を得ており、その利益や蓄えを俗に日田金(ひたがね)といった。

1868年(慶応4年)より支配所(幕府直轄領)は天朝御料(天領)に編入され、西国郡代の支配下にあった支配所地方行政として日田県が置かれた。松方正義を知事として迎えて旧日田陣屋および永山城跡に県庁が置かれたが、その4年後の1872年に日田県は廃止となり、日田県内の日田郡は大分県へ編入された。

出身者・ゆかりのある人物

コメント

タイトルとURLをコピーしました