2~3歳の牝馬が牡馬混合G1級レースを制した事例をまとめてみた【レガレイラほか】

【はじめに】
この記事では、2~3歳の牝馬が牡馬混合のG1級競走を制した事例を時代別にまとめていきます。

created by Rinker
イースト・プレス
¥2,860 (2024/02/28 14:20:40時点 Amazon調べ-詳細)

令和時代

2020年代:レガレイラほか

令和時代に入って、3歳以上を含めて長らく牝馬が好走していなかったレースで牝馬が好走する事例が目立つようになりました。そうした中で、2023年のホープフルSは、シンエンペラーが注目を集める中、少なくともG1昇格後初となる「2歳G1」の牝馬制覇が果たされました。

開催日レース名馬名人気
2023/12/28ホープフルSレガレイラ1番人気

この記事を書くキッカケになったのはこのレガレイラの優勝です。早い時期に牝馬が牡馬を相手に勝つことの歴史を纏めていきます。

created by Rinker
¥300 (2024/02/28 04:20:39時点 Amazon調べ-詳細)

平成時代

2010年代:アーモンドアイほか

2010年代はレースが偏っていて全日本2歳優駿、NHKマイルC、ジャパンCがそれぞれ2勝しました。いずれも3番人気以内ということもあって、まさに評価をされて実力どおりの勝利だった印象です。

開催日レース名馬名人気
2018/11/25ジャパンCアーモンドアイ1番人気
2017/05/07NHKマイルCアエロリット2番人気
2016/12/14全日本2歳優駿リエノテソーロ1番人気
2016/05/08NHKマイルCメジャーエンブレム1番人気
2012/12/19全日本2歳優駿サマリーズ3番人気
2012/11/25ジャパンCジェンティルドンナ3番人気

やはりジャパンCでの2頭は「JRA顕彰馬」となるほどの実力馬。ただ、3歳牝馬が一線級と初めて戦ってどこまで通用するか未知数な部分もあった中での勝利だったことで衝撃的でした。

created by Rinker
ノーブランド品
¥8,780 (2024/02/28 02:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

2000年代:ウオッカほか

2000年代はやはり「ウオッカ」の日本ダービー制覇:64年ぶりの夢叶ったところが大きいでしょう。当時としては、牝馬が芝中長距離を3歳春の段階で制するというのは極めて異例で、グレード制導入後の時代の転換点ともなったような印象を受けました。

開催日レース名馬名人気
2009/12/16全日本2歳優駿ラブミーチャン2番人気
2007/05/27東京優駿ウオッカ3番人気
2007/05/06NHKマイルCピンクカメオ17番人気
2005/12/21全日本2歳優駿グレイスティアラ4番人気
2005/05/08NHKマイルCラインクラフト2番人気
created by Rinker
ガイドワークス
¥2,800 (2024/02/28 14:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

1980~90年代:シーキングザパールほか

平成に入って、ダート2800mだった時代の東京大賞典をロジータが制しました。交流元年を迎えて以降は古馬の層が厚くなったり、牝馬路線が整備されたことなどもあって3歳でG1級競走を制した馬が少なくて、反対に2歳戦で牝馬が勝てているのは興味深く思います。

開催日レース名馬名人気
1997/05/11NHKマイルCシーキングザパール1番人気
1989/12/29東京大賞典※ロジータ2番人気

1990年代に入ってクラシック以外のG1が創設された日本競馬。「NHKマイルC」の第2回を制したのが『シーキングザパール』でした。アメリカ産(外国産馬)で、マル外ダービーと言われていた20世紀のNHKマイルCの中でも牡馬を圧倒する強さを示していたことが印象的です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥890 (2024/02/28 04:20:40時点 Amazon調べ-詳細)

昭和時代

1950~80年代:スターロツチほか

昭和時代の後半事例は極めて少なく、しっかりとした八大競走では1960年の有馬記念をスターロツチが制したぐらいかと思われます。当時は全くG1級ではなかったものの、比較的層の暑かった「安田賞」を参考に載せていますが、どちらも人気薄での勝利だったことも前後の時代との大きな違いでしょう。

開催日条件レース名馬名人気
1960/12/18中山2600有馬記念スターロツチ9番人気/12頭
1952/07/06東京1600※安田賞スウヰイスー4番人気/6頭

また、阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神3歳牝馬S)が牝馬限定戦となる前の昭和時代は、東・西と川崎でそれぞれ旧3歳のチャンピオンを決める年末の名物レースがありましたが、この頃は比較的多くの牝馬ウイナーが誕生していました。例が多いので馬名だけ列挙しておきます。

  • 阪神3歳S:7例
    1979ラフオンテース、1972キシュウローレル、1964エイトクラウン、1963プリマドンナ、1956ミスオンワード、1955トサモアー、1952ワカクサ
  • 朝日杯3歳S:7例
    1980テンモン、1974マツフジエース、1971トビザクラ、1965メジロボサツ、1956キタノヒカリ、1952サンゲツ、1951タカハタ
  • 全日本3歳優駿:5例
    1986ダイカツラモーヌ、1970タニノカツヒメ、1964タマノニシキ、1956エイシヨウ、1952ローズバツト

国営時代などは牝馬の方が強く、昭和中期までは牝馬クラシックを制するクラスの馬が出たりもしていたのですが、昭和後半に入るとガクッと落ち込んでしまうのも興味深いところでした。

1940年代:クリフジほか

戦中戦後の時代は、クラシックレースを牝馬が牡馬と互角に勝利したことで記憶されています。1943年のクリフジは戦前を代表する名牝ですが、戦後はそれぞれ別々の馬が勝っている点が特徴です。

開催日条件レース名馬名人気
1948/05/16東京2000皐月賞ヒデヒカリ6番人気/7頭
1947/10/19京都3000菊花賞ブラウニー1番人気/7頭
1947/05/11東京2000皐月賞トキツカゼ1番人気/14頭
1943/11/14京都3000菊花賞クリフジ1番人気/8頭
1943/06/06東京2400東京優駿クリフジ1番人気/25頭

日本ダービーを制する牝馬はウオッカがいますが、他の2冠に関してはこの時代にしか優勝例がなく、歴史的偉業が続いた時代だったのだと振り返ることができます。

1920~30年代:ヒサトモほか

昭和時代で一旦区切って記事を閉じたく思います。1920年代の連合二哩、帝室御賞典、そして1930年代に整備されたクラシック競走を対象としました。

開催日条件レース名馬名人気
1937/04/29東京2400東京優駿ヒサトモ4番人気/17頭
1936/11/03鳴尾3200連合二哩ピアスアロートマス
1935/04/21東京2000帝室御賞典クレオパトラトマス1番人気/4頭
1933/12/01東京3200連合二哩ハツピーランド
1931/11/07鳴尾3200連合二哩ロビンオー
1930/07/06札幌2000帝室御賞典マドンナ
1929/10/12鳴尾3200連合二哩ナスカゼ

初代牝馬ダービー馬のヒサトモや、現3歳春に帝室御賞典を制したクレオパトラトマス、名繁殖牝馬となった「マンナ」ことロビンオーなどが名を連ねています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました