競馬歳時記【2月3週】「京都牝馬S」

【はじめに】
重賞競走の歴史を振り返りながら季節の移ろいを感じる「競馬歳時記」。今回は「京都牝馬ステークス」の歴史をWikipediaと共に振り返っていきましょう。

created by Rinker
¥1,760 (2024/06/16 10:52:50時点 楽天市場調べ-詳細)

京都牝馬ステークス(きょうとひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

京都牝馬ステークス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

昭和時代:京都牝馬特別として創設

1966年に、4歳(現3歳)以上の牝馬による重賞競走として「京都牝馬特別(きょうとひんばとくべつ)」の名称で創設。2001年より現名称に変更された。

当初は京都競馬場の芝2000mで秋季に施行されたが、1968年に芝1600m(外回り)、2016年に芝1400m(外回り)へ短縮された。施行時期は1983年より冬季に変更され、5歳(現4歳)以上の牝馬限定戦となり現在に至る。

( 同上 )

京都牝馬特別が創設されたのは1966年のこと。日本ではしばらく古馬牝馬が出走できる重賞は殆ど見られなかったのですが、昭和中期に各競馬場に重賞が創設されるようになっていた頃で、この年は秋季に「牝馬特別(この年と翌年の中山開催だった現・府中牝馬S)」、「阪神牝馬特別」が開催されていて、そこに「京都牝馬特別」が加わった形でした。

まだ当時は牝馬三冠最終戦にあたるレースがなかったため、実質的に現在の「エリザベス女王杯」と「秋華賞」の意味合いを含んでいたと見ても良いかと思います。11月後半の「京都2000m」でした。

第3回からは「京都1600m」のマイル重賞となり、1970年に牝馬三冠最終戦が開催されるようになると、「ビクトリアC → エリザベス女王杯」の前哨戦という位置づけに変化。1970年にこのレースを勝った【クニノハナ】は第1回ビクトリアCを制することとなる上がり馬でした。

1980年代に入ると【ハギノトップレディ】が1番人気で優勝。オークス大敗後にマイルのオープン戦で9馬身差のレコード勝ちを収めると、このマイル・京都牝馬特別でも古馬をも上回る斤量でも完勝していました。

そして、1983年に1月最終戦と大幅に繰り上げられると、年明け最初の古馬牝馬重賞として定着していくこととなります。一方で、当時はまだ当然ヴィクトリアマイルなどもありませんでしたから、目標となるレースを設定しづらい時期での牝馬重賞といった印象が拭えませんでした。

平成・令和時代:2月後半の1400m戦に

平成に入って【リキアイノーザン】が連覇を果たすと、1990年代は比較的「マイラー」を中心に古馬の牝馬の中でも著名な馬が勝っています。

第24回1989年1月29日京都1600mリキアイノーザン牝41:35.5
第25回1990年1月28日阪神1600mリキアイノーザン牝51:34.3
第26回1991年1月27日京都1600mダイイチルビー牝41:34.8
第27回1992年2月2日京都1600mスカーレットブーケ牝41:34.8
第28回1993年1月31日京都1600mヌエボトウショウ牝61:34.0
第29回1994年1月30日阪神1600mノースフライト牝41:36.8
第30回1995年1月29日京都1600mシスティーナ牝61:33.3
第31回1996年1月28日京都1600mショウリノメガミ牝51:34.3
第32回1997年1月26日京都1600mエイシンバーリン牝51:35.4
第33回1998年1月31日京都1600mビワハイジ牝51:34.7
第34回1999年1月30日京都1600mマルカコマチ牝41:35.2

平成後半に入ると、2016年から2月後半開催で、距離も1400mに短縮されました。これによって従来の「ヴィクトリアマイル」などのマイラー路線から、実質的に高松宮記念を見据えた「短距離路線」へシフトしたという見方もできそうです。

なおそういった距離・時期の変化もあって、平成の終わりになって初めて1番人気が3連勝しました。ただ、信頼度が増したとはいえ、歴史的にみて1番人気の信頼度が低い部類のレースではあります。

第51回2016年2月20日京都105.25クイーンズリング牝41:22.9M.デムーロ
第52回2017年2月18日京都104.75レッツゴードンキ牝51:22.5岩田康誠
第53回2018年2月17日京都102.00ミスパンテール牝41:23.0横山典弘
第54回2019年2月16日京都104.50デアレガーロ牝51:21.0池添謙一
第55回2020年2月22日京都105.00サウンドキアラ牝51:23.2松山弘平
第56回2021年2月20日阪神102.00イベリス牝51:20.0酒井学
第57回2022年2月19日阪神104.75ロータスランド牝51:19.7岩田望来

1400mになった2016年以降のレースレーティングを記載しました。ちなみに牝馬限定戦ということでレーティングの数値は牡馬混合戦よりも4ポンド低くなっています。なお、「牝馬限定のG3の基準:101ポンド」であり、それらは全てクリアしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました