競馬歳時記【1月4週】「AJCC」

【はじめに】
重賞競走の歴史を振り返りながら季節の移ろいを感じる「競馬歳時記」。今回は「アメリカジョッキークラブカップ」の歴史をWikipediaと共に振り返っていきましょう。

アメリカジョッキークラブカップ(American Jockey Club Cup)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬重賞競走GII)である。

新聞の紙面上などでは「AJCC」や「AJC杯」と略記されるほか、JRAでは「アメリカJCC」の表記も用いられることがある。正賞はアメリカジョッキークラブ賞。

アメリカジョッキークラブカップ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

昭和時代:高額の新年競走として創設

アメリカジョッキークラブカップについて、ウィキペディアには幾つか興味深い「創設当時のエピソード」が書かれています。引用しましょう。(↓)

1960年に日米友好の一環として、ニューヨークジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け創設された。

第1回は「新年を飾る競走」として1月5日に芝2000mのハンデキャップ競走で行われたが、1961年には当時1月中旬に行われていた「金杯(現・中山金杯)」と施行時期を入れ替え、負担重量を別定、施行距離を芝2600mに変更。

1960年代当初の賞金は非常に高額に設定され、このレースよりも賞金が高いのは有馬記念東京優駿天皇賞菊花賞のみという時期もあった。

アメリカジョッキークラブカップ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

創設の初回のみ特別なのでそれを除くと、2回目以降は、今と同じ1月の後半に中山競馬場で開催されており、距離は当時の「有馬記念」と同じ2600mでした。

回数施行日競馬場距離優勝馬性齢タイム
第1回1960年1月5日中山2000mオンワードベル牡42:04.9
第2回1961年1月22日中山2600mヤシマフアースト牡42:43.6
第3回1962年1月21日中山2600mタカマガハラ牡52:43.3
第4回1963年1月20日中山2600mコレヒサ牡42:42.4
第5回1964年1月19日中山2600mスズトツプラン牡52:46.8
第6回1965年1月17日中山2600mアサホコ牡52:42.5
第7回1966年1月16日東京2600mハクズイコウ牡52:42.0

賞金面でいえば、前年の有馬記念と同額の200万円(1960年は有馬が300万円に増額され、1961年のAJCCは250万円だったとのこと)に設定されており、間隔は1ヶ月弱と短かったですが、「AJCC」は「有馬記念」の余韻を汲んで新年に行われる『スーパーG2』的な位置づけだったことが分かります。

さて初回の1960年だけ1月5日の開催でした。今の「中山金杯」が行われる日付であり、第2回からは金杯と位置づけが入れ替わるため、例外的な開催ですが、いずれにしても当初は『年始を飾る重賞』として今以上に豪華な扱いだったことが窺えます。

初回は、年末の「クモハタ記念」を勝った皐月賞馬【ウイルデイール】が60kgを背負って1番人気の3着となり、同い年で55kgを背負ったオンワードベル(有馬記念3着)やシゲミノルがワンツーを決めていました。当時、2週前の有馬記念や1週前のクモハタ記念からの連闘が珍しくありませんでしたが、これは有馬記念に伍する高額賞金があったことの影響が大きいでしょう。

そして、レース間隔が約1ヶ月と伸びた第2回には、前年の有馬記念を制した牝馬【スターロツチ】を始め、現4歳勢ではホマレボシ、キタノオーザ、マツカゼオー、古馬勢では前述のオンワードベルやヤシマフアースト、オーテモンなどが出走。250万円の高額賞金によって八大競走級のメンバーが揃っていました。

当時はむしろ、現明け4歳勢は「トライアル → 菊花賞 → 有馬記念orクモハタ記念」、古馬勢は「トライアル → 天皇賞秋 → 有馬記念」というローテーションを中心に秋を戦い、その延長線上に「AJCC」が設定されていて、秋シーズンの最終戦といった印象が強かったのかも知れません。だからこそ、この1月に「有馬記念」と似た条件で行われていたのです。

当時のレーシングカレンダーを見ても、古馬は4月の「天皇賞(春)」まで大レースがない上に天皇賞を勝った馬は勝ち抜き制で出走するのも叶わないと、初夏まで目標となるレースがありませんでした。年末を戦って年明けのこのレースを最後に休養するというのがステータスだった時代と、今とでは存在意義が大きく異なる点は後ほど述べたいと思います。

第6回1965年1月17日中山2600mアサホコ牡52:42.5
第7回1966年1月16日東京2600mハクズイコウ牡52:42.0
第8回1967年1月22日中山2500mスピードシンボリ牡42:37.3
第9回1968年1月21日中山2500mニウオンワード牡42:39.0
第10回1969年1月19日中山2500mアサカオー牡42:38.9
第11回1970年1月18日東京2500mスピードシンボリ牡72:34.9
第12回1971年1月17日東京2500mアカネテンリュウ牡52:36.2
第13回1972年4月30日東京2400mメジロアサマ牡62:28.4
第14回1973年1月21日東京2400mオンワードガイ牡52:30.1
第15回1974年1月20日東京2400mタケホープ牡42:27.5

昭和40年代は、距離が2600→2500→2400mと徐々に短縮され、1970年代は年始が東京から始まっていたことによって「東京2400m」での開催となっていきます。1970年代一杯この条件で続きました。ただ1着賞金は有馬記念の半分程度となっていき、レース間隔の関係もあって徐々に頭数も減少して、渋い馬たちが大半を占めるようになっていきました。

1974年には1番人気の【ハイセイコー】が体調不良のためブービーに敗れ、再びライバル【タケホープ】に後塵を拝する結果となっていますが、この頃まではまだ有馬記念クラスの馬が積極的に挑戦する舞台として機能していました。

第16回1975年1月19日東京2400mストロングエイト牡62:31.9
第17回1976年1月25日東京2400mホワイトフォンテン牡62:28.7
第18回1977年1月23日東京2400mグリーングラス牡42:26.3
第19回1978年1月22日東京2400mカシュウチカラ牡52:28.9
第20回1979年1月21日東京2400mサクラショウリ牡42:29.0
第21回1980年1月20日中山2500mカネミカサ牡62:37.1
第22回1981年1月18日中山2500mホウヨウボーイ牡62:37.5
第23回1982年1月24日中山2500mアンバーシャダイ牡52:34.3
第24回1983年1月23日中山2500mアンバーシャダイ牡62:35.4
第25回1984年1月22日中山D1800mシュウザンキング牡51:52.6
第26回1985年1月20日中山2200mサクラガイセン牡52:14.4
第27回1986年1月19日中山2200mスダホーク牡42:13.3
第28回1987年1月25日中山2200mミホシンザン牡52:15.4
第29回1988年1月24日中山2200mカシマウイング牡52:13.4

なお、アンバーシャダイが2年連続、有馬記念連対からこのレースに挑み、史上初の連覇を成し遂げたのが最後の中山2500m時代でした。まさに「有馬記念」との接続が非常に良かった時代の最終盤です。

転換点となったのは1984年の大改革です。それまで長距離気味だった「AJCC」が中距離に短縮されたのです。1984年のダート変更は度外視すれば、1985年からは2200m戦となり「有馬記念」とは少し違って、2000mの「天皇賞(秋)」などの中距離路線の馬も戦えうる舞台となっていきます。

平成・令和時代:年始初の別定G2として価値を維持

年明けの古馬路線は、東西の金杯に始まり、1月後半にはG2が複数開催されます。西の日経新春杯はハンデ戦である一方で、このAJCCは別定戦であるため、そこそこの実績馬も出走しやすい傾向がありました。伝統的に『ここで復活』を遂げる馬の存在が目立つ印象です。

第39回1998年1月25日中山2200mメジロブライト牡42:15.3
第40回1999年1月24日中山2200mスペシャルウィーク牡42:16.8
第41回2000年1月23日中山2200mマチカネキンノホシ牡42:13.4
第42回2001年1月21日中山2200mアメリカンボス牡62:13.8
第43回2002年1月20日東京2200mフサイチランハート牡52:13.7
第44回2003年1月26日中山2200mマグナーテン騸72:12.5
第45回2004年1月25日中山2200mダンツジャッジ牡52:15.5
第46回2005年1月23日中山2200mクラフトワーク牡52:11.4
第47回2006年1月22日中山2200mシルクフェイマス牡72:13.2
第48回2007年1月21日中山2200mマツリダゴッホ牡42:12.8

平成年間に入るとやや勝ち馬が地味になる傾向が顕著だったのですが、平成10年代に入ると、メジロブライトやスペシャルウィークなど有馬記念を避けた馬が間隔をあけて年明けのこのレースに照準を絞って調整していて完勝したこともありました。その後は「G2番長」といったイメージの馬が名を連ねていますし、初重賞を飾った【マツリダゴッホ】は年末の有馬記念に繋がりました。

created by Rinker
¥2,954(2023/01/31 15:32:01時点 楽天市場調べ-詳細)

2011年のトーセンジョーダン、2012年のルーラーシップ、2020年のブラストワンピースなどG1級の馬も時折勝っていますが、基本的にはすっかり『G2』としての地位となっています。

第57回2016年1月24日110.25ディサイファ牡72:12.0
第58回2017年1月22日110.25タンタアレグリア牡52:11.9
第59回2018年1月21日111.75ダンビュライト牡42:13.3
第60回2019年1月20日114.25シャケトラ牡62:13.7
第61回2020年1月26日113.25ブラストワンピース牡52:15.0
第62回2021年1月24日113.75アリストテレス牡42:17.9
第63回2022年1月23日113.25キングオブコージ牡62:12.7

平成時代の終盤は「日経新春杯」の方がレートが上なこともありましたが、上にレースレーティングを併記した通り、2019年以降は高レーティングが続いており、113~114ポンド付近となっていることは注目に値します。

当初は有馬記念と同額だった1着賞金は約10分の1にはなってしまったものの、有馬記念などを戦った後も調子の良い馬がここを使ったり、或いは有馬記念には距離が長い中距離の一流馬が出走したりして『G2』としての地位は守っています。

ただやはり、「秋を戦った一流馬が最終戦」として戦っていた昭和中盤と異なり、春の天皇賞の前にも挑戦しやすいG1が国内外で急増しています。むしろジャパンCを最後に有馬記念すらも休養に当てて、春から始動する馬が増えた2010年代にあって、60年前に設定されたレーシングカレンダーをそのまま維持することが未来永劫正しいのかは判断が分かれそうです。

「パート1国」となって重賞をカンタンに新設できなくなった現代にあって、ひょっとするとタイミングをみて他の役割を持たせるべく開催時期の変更や「G1」を見据えた模様替えをすることもあり得るかも知れません。それも出来るように、『伝統のG2』の地位を保ち続ける必要がありましょう。今年はどの馬がこの舞台で年明けを飾るのか注目していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました