Rxヒットアーティスト列伝「ピンキーとキラーズ」

【はじめに】
この記事では、私の「Rxヒット指標」に基づき歌手/アーティストのヒット曲を振り返っていきます。今回取り上げるのは「ピンキーとキラーズ」です。

created by Rinker
¥11,000(2022/11/27 14:13:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ピンキーとキラーズラテン文字表記:Pinky & Killers)は、1968年から1972年にかけて活動した日本ボサ・ノヴァバンド。愛称は、ピンキラ

山高帽にステッキという衣装をトレードマークにしており、当時の邦楽界では男性たちに混じって女性ボーカルがいるグループは目新しかった。

ピンキーとキラーズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Rxヒット指標にみる「ピンキーとキラーズ」の人気曲

まず、私(Rx)のヒット指標にみる「ピンキーとキラーズ」の代表曲をみていきましょう。こちらです(↓)

発売累計pt
CD

再生

カバー
曲名
68/07/203602703060恋の季節
69/01/01 60 5010涙の季節
69/04/20 40 3010七色のしあわせ
集計方法や企画の主旨については、下の記事に纏めてありますので初見の方はぜひご覧ください(↓)

1位:360万pt(1968年)『恋の季節』

デビュー曲の「恋の季節」は発売直後からヒットを記録し、オリコンで17週間1位(歴代最高記録)となるミリオンセラーを記録し、270万枚を売り上げ、「第10回日本レコード大賞新人賞」を始め、数々の新人賞を受賞し、第19回NHK紅白歌合戦では男女混成グループとして初の出場を果たした。また1969年2月、同名映画が彼ら主演のもとに松竹にて製作され、公開された。

ピンキーとキラーズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オリコンチャート発足後の得点としてはかなりの水準となる350万pt超を達成している「恋の季節」は、実に17週連続1位という(シングルチャートとしては)不滅の大記録を達成していますが、その勢いがRxヒット指標からも分かります。

created by Rinker
¥1,173(2022/11/27 14:13:27時点 楽天市場調べ-詳細)

2位:60万pt(1969年)『涙の季節』

1969年1月、4枚目のシングル「涙の季節」が発売され1位になり、続く「七色のしあわせ」が4位、「星空のロマンス」が10位とオリコンのトップ10に入ったが、それ以降トップ10からは遠ざかった。

1972年2月に今陽子がソロに転向し脱退。一方、キラーズは2人組の女性ヴォーカル(ラブリーズ)を加え、ニュー・キラーズとして再スタートするが、1974年3月、解散する。

ピンキーとキラーズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメント

タイトルとURLをコピーしました