Rxヒットアーティスト列伝「V6」

【はじめに】
この記事では、私の「Rxヒット指標」に基づき歌手/アーティストのヒット曲を振り返っていきます。今回取り上げるのは「V6」です。

created by Rinker
¥3,960(2022/11/27 07:29:31時点 楽天市場調べ-詳細)

V6(ブイシックス)は、日本の元男性アイドルグループ。1995年に結成、CDデビュー。2021年11月1日をもって解散し、26年の歴史に幕を下ろした。所属事務所はジャニーズ事務所。所属レコードレーベルavex trax

年長者3人の坂本昌行長野博井ノ原快彦で構成される20th Century(通称トニセン)と、年少者3人の森田剛三宅健岡田准一で構成されるComing Century(通称カミセン)に分かれて活動することもあった。このうち20th CenturyはV6本体解散後も活動を続けている。

V6 (グループ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Rxヒット指標にみる「V6」の代表曲

まず、私(Rx)のヒット指標にみる「V6」の代表曲をみていきましょう。こちらです(↓)

発売累計pt
CD

再生

カバー
曲名
95/11/01605010MUSIC FOR THE PEOPLE
96/02/14605010MADE IN JAPAN
96/09/1670402010TAKE ME HIGHER
97/01/206060愛なんだ
97/07/09705020WAになっておどろう
1198/11/115050over
1700/10/25403010CHANGE THE WORLD
2303/05/28302010Darling
集計方法や企画の主旨については、下の記事に纏めてありますので初見の方はぜひご覧ください(↓)

3位:60万pt(1995年)『MUSIC FOR THE PEOPLE』

1995年8月に発売されたアイドル雑誌『Myojo』10月号で、発足以来プロ化を目指していた日本バレーボールVリーグに乗じて、同年秋にフジテレビ主催で行われる『バレーボールワールドカップ』のイメージキャラクターとして、新しいグループが作られることが初めて発表される。11月1日MUSIC FOR THE PEOPLEでCDデビュー。同日にデビューイベント『SING FOR THE PEOPLE』を国立代々木競技場第一体育館前の特設会場で行う。

また、イメージキャラクターを務めた『バレーボールワールドカップ』の大会中継や、V6主演のタイアップドラマ『Vの炎』に出演した。翌年1996年からは『春の高校バレー』のイメージキャラクターを務めた。

( 同上 )

1位:70万pt(1996年)『TAKE ME HIGHER』

本項目における「TAKE ME HIGHER」(テイク・ミー・ハイヤー)とは、ユーロビートミュージシャンであるデイブ・ロジャースが制作した楽曲、またはその曲を収録したCDのタイトルである。

V6版
表題曲はV6のメンバー長野博が主演し、TBS系列で放送された『ウルトラマンティガ』オープニングテーマであり、裏ジャケットにはティガの写真が使用されている。

3作連続のオリコンチャート1位を獲得。本表題曲で発売当日放送分の『HEY!HEY!HEY! 2万人のCHAMP CARNIVAL』でHEY!HEY!HEY!初出演を果たす。

V6全員で担当する初のドラマタイアップでもあり、ウルトラシリーズ主題歌においてアニメ・特撮ソングを活動の中心としない歌手が歌唱を担当するのはシリーズ初となる。

TAKE ME HIGHER
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1位:70万pt(1997年)『WAになっておどろう』

WAになっておどろう」(わになっておどろう)は、1997年4月5月NHKテレビ番組みんなのうた』で放送された歌。

同年5月21日、オリジナル演奏のAGHARTAシングルCD発売後、7月9日V6が7枚目のシングルとして発売。多くのアーティストによってカバーされた。発売翌年1998年に行われた長野オリンピックの公式キャラクターである、スノーレッツのテーマソングになっている。

2014年にV6がNHK紅白歌合戦に初出場した際に、本楽曲を披露。2016年の紅白でも披露。

WAになっておどろう
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
created by Rinker
¥605(2022/11/27 12:08:29時点 楽天市場調べ-詳細)

同年1月の『愛なんだ』がオリコン調べでは最高売上となっていますし、2000年代に入って以降も、『CHANGE THE WORLD』(犬夜叉初代OP)を始め多くの話題作を出し続け、1990年代から令和まで活躍なさいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました