Rxヒットアーティスト列伝 ~サザンオールスターズ~

【はじめに】
この記事では、私の「Rxヒット指標」に基づき歌手/アーティストのヒット曲を振り返っていきます。今回取り上げるのは、「サザンオールスターズ」です。

created by Rinker
¥3,367(2022/09/25 04:09:23時点 楽天市場調べ-詳細)

サザンオールスターズ英語Southern All Stars)は、日本の5人組ロックバンド

楽曲は一般的には夏をイメージしたポップスや、ロック色の強いもの、バラードなどが浸透しているが、夏以外の季節をイメージした楽曲やロック、バラード以外も多数発表されており、ヒップホップ民族音楽郷土音楽歌謡曲ジャズレゲエハードロックラテンファンク応援歌コミックソングなど幅広い曲調の楽曲がある。

サザンオールスターズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Rxヒット指標にみる「サザンオールスターズ」の代表曲

早速、私(Rx)の独自指標にみる「サザンオールスターズ」の代表曲をみていきましょう。通常のアーティストであれば上位3曲ないしは数十万pt以上をボーダーとしているのですが、サザンの場合ヒット曲が多すぎるため、今回は「100万pt(≒ミリオン相当)」以上に限定してリストアップしました。

昭和50年代:210万pt(1979年)『いとしのエリー』

  • デビュー当時のサザンのイメージは「陽気さ」であり、本作が発売される前、デビューシングルの「勝手にシンドバッド」、2枚目シングル「気分しだいで責めないで」や1枚目アルバム『熱い胸さわぎ』の3作品はパワフルかつコミカルでエッチなサウンドであったが、桑田佳祐はそのイメージに納得していなかった。
  • 2枚目アルバム『10ナンバーズ・からっと』制作時に桑田は「こういう曲を思いついた」と即興でギターを弾き、「エリー・マイ・ラブ……」と「いとしのエリー」の歌詞の一部をスタッフに聴かせた。そして「いとしのエリー」を3枚目シングルとして発売するか議論となり、高垣健を含むビクター側は「方向性が定着してきた時期に、バラードは時期尚早だ」と大反対したが、アミューズの当時社長であった大里洋吉が「売ろうではなく、冒険してみよう」という提案をしたことで「いとしのエリー」が3枚目シングルとなった。
created by Rinker
¥812(2022/09/26 01:58:15時点 楽天市場調べ-詳細)

『勝手にシンドバッド』を上回るダブルミリオン相当の大ヒットとなって、(Rxヒット指標における)昭和時代の最高得点を獲得した『いとしのエリー』。その原動力となったのは、サザンの中で最も多くのアーティストにカバーされているという特徴です。

ちなみに日本語版ウィキペディアにある記載によると「ビクター出荷枚数は125万枚」だったそうで、この値を採用すると累計得点は250万ptをも突破してきます。いずれにしてもサザンにとっては全曲中2番目に当たる高得点となります。

created by Rinker
¥797(2022/09/26 01:58:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみに、1980年代とすると、『チャコの海岸物語』がカバー指標などを含めてミリオンに迫る得点を重ねています。

平成1桁台:190万pt(1993年)『エロティカ・セブン』

時代が平成に変わり、CDバブルを迎えたタイミングで、最高点を記録したのが『エロティカ・セブン』です。CD売上だけでミリオンヒットを複数記録していました。

  • 当時の自身最大ヒットシングルとなった。現在は2000年に発売された「TSUNAMI」に次ぐヒットとなっている。

ちなみに、ビクターによる出荷枚数の数字を採用すると、ダブルミリオンに到達することになります。

created by Rinker
¥796(2022/09/26 01:58:15時点 楽天市場調べ-詳細)

また、1992年の『涙のキッス』はCDバブルの流れに乗って、『エロティカ・セブン』と並んでダブルミリオン相当の大ヒットとなっていますし、『真夏の果実』や『希望の轍』といった「稲村ジェーン」時代の有名曲も、CD売上以外の指標はサザン屈指の人気であることを窺わせます。

created by Rinker
¥826(2022/09/25 06:28:27時点 楽天市場調べ-詳細)

平成10年代:465万pt(2000年)『TSUNAMI』

平成10年代を代表するトリプルミリオンヒットとなった『TSUNAMI』は、「Netflix」で2021年に復活シリーズが配信された『未来日記』の第3作のテーマソングでした。

created by Rinker
¥753(2022/09/25 06:28:27時点 楽天市場調べ-詳細)

CD売上は他の追随を許さないですが、その他の指標でもサザンでトップクラスを叩き出していて、その得点を単純合計しても「465万pt」(2022年現在)となっています。これは、平成年間にリリースされた楽曲の中でも屈指の高さです。

平成20年代:105万pt(2008年)『I AM YOUR SINGER』

そして、平成20年代には、『I AM YOUR SINGER』が(最後の)ミリオン相当に換算される105万ptとなっています。CDが全く売れなくなった時代に50万枚を売り上げたことは高く評価できると思います。

created by Rinker
¥1,208(2022/09/25 06:28:27時点 楽天市場調べ-詳細)

この頃から徐々に、CDからストリーミングなどの多角的なヒットに移行を目指したり、NHK紅白歌合戦に積極的に出場して「平成」の時代を象徴する存在となったりしていきますが、

30周年を前に「解散」の飛ばし記事が出され、それを払拭するかのように披露した記念ソングの存在感は、やはり大きかったと思います。平成から令和に移って、再び「サザンオールスターズ」としてのヒットを飛ばしていくのか注目したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました