ウィキペディア小旅行「バングラデシュ人民共和国(People’s Republic of Bangladesh)」

【はじめに】
皆さん「Wikipediaで小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回の目的地は、アジアのバングラデシュ人民共和国です。素敵な旅をお過ごし下さい。

バングラデシュ人民共和国、通称バングラデシュは、南アジアにある共和制国家。首都はダッカである。

北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はベンガル湾(「インド洋の一部)に面する。西側で隣接するインドの西ベンガル州、東側で隣接するインドのトリプラ州とともにベンガル語圏に属する。ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川の下流部を有する。

イギリス領インド帝国の一部からパキスタンの飛地領土(東パキスタン)を経て独立し、イギリス連邦加盟国のひとつである。

日本語版ウィキペディア > バングラデシュ より

概要

バングラデシュは南アジアにおけるイスラム圏国家の一つである。バングラデシュの人口は1億5,940万人で、都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で人口数は世界第7位となっている。

国名のバングラデシュとはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。国内最大の都市は首都ダッカであり、他の主要都市はチッタゴン、クルナ、ラジシャヒがある。

元々はインドの一部であったが、インドが1947年にイギリスから独立するに当ってイスラム教徒とヒンドゥー教徒との対立が深まり、イスラム教徒地域を「パキスタン」として独立させる構想が浮上した。これにより1955年に東パキスタンとなったが、パキスタン本土とは遠く離れた状態であったことや宗教のみで両地域を統一しておくこと自体が困難である点から分離独立が叫ばれ、1971年にパキスタンから独立した。

豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する
しかし近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。第三国への輸出のほか、人口の多さからスマートフォンなどはバングラデシュ国内市場向けにも生産されている。新興国として期待されるNEXT11の一つに数えられている。なお、バングラデシュでは貧困も続いている。

( 同上 )

国旗

created by Rinker
トスパ東京製旗株式会社
¥6,660 (2024/02/28 00:29:57時点 Amazon調べ-詳細)

バングラデシュの国旗は赤が昇る太陽緑が豊かな大地を表す。また、「豊かな自然を表す緑の地に『独立のために流した血を示す赤い丸』を組み合わせた」という説もある。赤丸は真ん中から旗竿寄りにしてある。

初代大統領ムジブル・ラフマンの娘のシェイク・ハシナ首相は、「父は日本の日の丸を参考にした。」と証言している

( 同上 )

地理

バングラデシュの国土の大部分はインド亜大陸のベンガル湾沿いに形成されたベンガルデルタと呼ばれるデルタ地帯である。このデルタ地帯を大小の河川やカールと呼ばれる水路が網の目のように走っている。耕作可能面積率は59.65%と世界一高い。沼沢地とジャングルの多い低地 であり、ジャングルはベンガルトラの生息地として知られる。

ヒマラヤ山脈に水源を持つ西からガンジス川(ベンガル語でポッダ川)、北からブラマプトラ川(同ジョムナ川)が低地のほぼ中央で合流し、最下流でメグナ川と合流して、流域面積173万平方キロメートルものデルタ地帯を作っている。デルタ地帯は極めて人口密度が高い。バングラデシュの土壌は肥沃で水に恵まれることから水田耕作に適しているが、洪水と旱魃の双方に対して脆弱であり、しばしば河川が氾濫し多くの被害を及ぼす。

北回帰線に近いバングラデシュの気候は熱帯性で、10月から3月にかけての冬季は温暖である。夏季は3月から6月にかけて高温多湿な時期が続き、6月から10月にかけてモンスーンが襲来する。ほぼ毎年のようにこの国を襲う洪水、サイクロン、竜巻、海嘯といった自然現象は、一時的な被害にとどまらず、森林破壊、土壌劣化、浸食等を引き起こし、さらなる被害を国土に対して及ぼしている。

( 同上 )

(人口第1位)ダッカ

現代のダッカは、バングラデシュの政治・文化・経済活動の中心地である。

都市のインフラストラクチャーは国中で最も発達しているが、それでも急激な人口増加には追いつかず、公害や交通渋滞または公共サービスの不足などの問題に直面している。

そのような中でも近年は交通機関や情報網および公共事業などで近代化が促進されている。ダッカは外資を呼び込んで商業や貿易の拡大を図っているが、これがまた人口の流入を促進する要因となり、結果的にダッカを世界一急激な人口増加都市にしている。

こうした負の要素は、早々に改善できるものではなく、2013年、世界各都市の医療、文化・環境、教育、インフラを数値化した「世界で最も住みやすい都市」のランキングでワースト2位になった(1位は内戦状態のダマスカス)。

日本語版ウィキペディア > ダッカ より

(人口第2位)チッタゴン

バングラデシュ南東部のチッタゴン管区の中心都市。 チッタゴン県(英語版)の県都でもある。 2011年の人口は372万437人で、首都ダッカに次いで国内2位。 バングラデシュ国内最大の港であるチッタゴン港(英語版)を要し、数千年に亘って交易地として繁栄してきた。

現在はバングラデシュの輸出入の主な経路であり、毎年多額の収入を貿易によって得るとともに、国内外からの投資を得ている。 港湾施設の開発も進められており、インド洋の潮流に合わせた開発がなされている。

日本語版ウィキペディア > チッタゴン より

文化

バングラデシュ料理

自然に恵まれたバングラデシュは「米と魚の国」と呼ばれ、自然がもたらす食料の供給にはモンスーンと大河川の氾濫が大きな役割を果たしている。バングラデシュの人間の食生活は「米と魚を食べるベンガル人」という言葉によって表される。

( 同上 )

世界遺産

文化遺産
バゲルハットのモスク都市 – (1985年)
パハルプールの仏教寺院遺跡群 – (1985年)

自然遺産
シュンドルボン – (1997年)

スポーツ

バングラデシュにおけるスポーツは、人気のある娯楽であり、バングラデシュの文化(英語版)の欠かすことのできない部分でもある。クリケットがバングラデシュで最も人気のスポーツである。カバディがバングラデシュの国技である。

日本語版ウィキペディア > バングラデシュにおけるスポーツ より

コメント

タイトルとURLをコピーしました