ウィキペディア小旅行「ガイアナ共和国」

【はじめに】
皆さん「Wikipediaで小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回の目的地は南アメリカの「ガイアナ共和国」です。素敵な旅をお過ごし下さい。

ガイアナ共和国英語: Republic of Guyana)、通称ガイアナは、南アメリカ大陸北東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国の一つ。東にスリナム、西にベネズエラ、南にブラジル国境を接し、北はカリブ海大西洋に面する。首都はジョージタウンである。

ガイアナは南アメリカで3番目に小さい国であり、ベネズエラとは現ガイアナ領のグアヤナ・エセキバをめぐってイギリス領時代の19世紀から領土問題を抱えている。南アメリカ大陸で唯一英語公用語の国でもある。

ガイアナ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』( 以下略 )

国名

国名のガイアナの由来は、現地の人々(アラワクインディヘナ)の言葉で「豊かな水の地」を意味する。

200キロメートル沖合でエクソンモービルが2019年末に海底油田の採掘を始めた。従来は1人当たり国内総生産(GDP)が5000ドル程度と南米最貧国の一つだったが、油田収入で2024年には4倍に増えて南米で最も豊かな国になると国際通貨基金(IMF)は予測している。

経済

主要産業は農業で砂糖ラム酒、鉱業はボーキサイトなどを生産する。砂糖は輸出額の28%を占め、Guysuco社が多くの労働者を抱える。豊かな木材資源も有望であるとされる。漁業はエビが欧州へ輸出される。鉱業ではアルコア(旧・Reynolds Metal)やリオ・ティントなど、木材では韓国/マレーシア合弁など外資が参入している。昔盛んだったゴム園は衰退した。第7代大統領ジャグデオの時代に8億ドルに上る対外債務の削減に成功した。2007年に付加価値税を導入し、徴税の効率化につながった。しかし、技術者の不足やインフラストラクチャー整備の遅れが克服すべき課題である。2007年のGDPは推定30億ドル、パーキャピタは4,000ドル。2006年の輸出額6億ドルに対し、製品・機械・石油など7億ドルの輸入となっている。

created by Rinker
¥19,800 (2024/02/27 05:27:11時点 楽天市場調べ-詳細)

原油は2015年にエクソンモービルが発見して、2019年12月20日に生産を開始した。

文化

ガイアナはスリナムブラジル仏領ギアナとともに、南アメリカスペイン語圏ではない4つの国のうちの一つである。ガイアナの文化はカリブ海の英語圏諸国と非常に似通っており、ガイアナはカリブ諸国に参入することを承認され、カリコム(カリブ共同体)の原加盟国である。

created by Rinker
¥250 (2024/02/27 05:27:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました