ウィキペディア小旅行「ルイジアナ州」(State of Louisiana)

【はじめに】
皆さん「Wikipediaで小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回の目的地は、アメリカ合衆国のルイジアナ州です。素敵な旅をお過ごし下さい。

created by Rinker
¥8,800(2022/09/25 14:57:06時点 楽天市場調べ-詳細)

概要

ルイジアナ州(ルイジアナしゅう、英: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部の州。アメリカ合衆国50州の中で陸地面積では第31位、人口では第25位でもある。州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。

州内幾つかの都市圏では多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前にアメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。

ルイジアナ州
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(以下略)

州名の由来

ルイジアナ(Louisiana)という地名は、フランス王ルイ14世(Louis XIV、在位:1643年〜1715年)に由来する。ロベール=カブリエ・ド・ラ・サールが、ミシシッピ川の流れるこの領域をフランス領と宣言したときに、ラ・ルイジアーヌ(La Louisiane)と名付けた。

The 接尾辞の-ana(ないし-ane)はラテン語の接尾辞で「特定の個人、対象または場所に関するもの」を指す。したがって、大まかに言えば「Louis」+「ana」で「ルイに関するもの」を意味することになる。フランス領ルイジアナはフランス植民地帝国の一部として、現在のモービル湾からカナダとの国境の北にまで延び、カナダ南西部の小部分を含んでいた。

地理

州全体がメキシコ湾大平原の一角を占め、州北部の東境は北米最大のミシシッピ川、対岸はミシシッピ州であるが、州の南部はミシシッピ川が貫通している。州の南はメキシコ湾に面し、西はテキサス州、北はアーカンソー州と接する。

その他

ルイジアナ州出身者

コメント

タイトルとURLをコピーしました