ウィキペディア小旅行「神奈川県小田原市」

【はじめに】
皆さん「ウィキペディア小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回は「神奈川県小田原市」を巡っていきます。素敵な旅をお過ごし下さい。

小田原市(おだわらし)は、神奈川県の西部に位置する施行時特例市に指定されている。人口は約19万人。

小田原市
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
面積113.81km2
総人口187,325人(推計人口、2022年11月1日)

概要

関東地方の南西端に位置し、戦国時代には後北条氏城下町として栄えた。また、北条早雲から北条氏直まで北条五代の隆盛を影で支えたという風魔忍者の里である。江戸時代には小田原藩の城下町、東海道小田原宿宿場町として盛えた。箱根峠より東側の宿場町として、現在も箱根観光の拠点都市である。1876年(明治9年)4月17日までは、現在の神奈川県西部と静岡県伊豆半島を範囲とする足柄県の県庁所在地でもあった。西湘地域の中心的な都市である。

小田原提灯かまぼこオシツケ等の特産地として全国的に有名である。最近では小田原バーガー小田原どん、かまぼこドッグ、スミヤキオリーブを販売している。

バブル期には東京ベッドタウン化したとも言われたが、バブル崩壊後の長期不況や都心回帰による遠距離通勤の減少などもあって、人口動態が減少に転じた。一時は20万人を超えた人口も20万を割り込み、新幹線通勤定期代に対する補助制度を設けるなど人口確保のための政策を実施している。

関連有名人

created by Rinker
¥3,817(2023/01/31 08:29:28時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました