競馬歳時記【3月2週】「中山牝馬S」

【はじめに】
重賞競走の歴史を振り返りながら季節の移ろいを感じる「競馬歳時記」。今回は「中山牝馬ステークス」の歴史をWikipediaと共に振り返っていきましょう。

created by Rinker
¥1,760 (2024/03/01 12:01:50時点 楽天市場調べ-詳細)
Rx
Rx

BingAI

『中山牝馬ステークス』について教えて?

中山牝馬ステークスは、中山競馬場の芝1800mで行われる牝馬限定のG3重賞です1。ハンデ戦で、2023年は3月11日に開催されます2

BingAI(2023/3/11)

昭和時代:創設半世紀、1983年に重賞に

昭和中期以降、主要競馬場を中心に現在の「◯◯牝馬S」に相当するレースが創設されていきます。ここ中山では、今から約半世紀前に「中山牝馬S」が創設されます。当初はオープン特別でした。

なお、ウィキペディアには1972年から掲載されていますが、netkeiba.comさんのデータベースで検索すると1971年に「中山牝馬特別」として開催されているため、そちらを補った表を作成しました。↓

施行日距離優勝馬性齢タイム
1971年3月14日1800mハーバーゲイム牝41:50.9
1972年5月28日2000mクリケント牝52:04.0
1973年3月18日1800mキョウエイグリーン牝41:51.1
1974年3月16日1800mラファール牝41:50.9
1975年3月16日1800mカミノチドリ牝61:51.1
1976年3月21日1800mサクラセダン牝41:51.0
1977年3月20日1800mシュンセツ牝51:51.2
1978年3月19日1800mシュンセツ牝61:52.4
1979年3月18日1800mヨドハナマス牝41:49.9
1980年3月15日1800mマイエルフ牝51:51.4
1981年3月15日1800mフジマドンナ牝51:53.7
1982年3月21日1800mフジマドンナ牝61:55.3

第2回を除き中山1800m・3月中旬に開催してて、かなり変化の少ないレースだったことが窺えます。

そして、第2・3回で連続2着となったモンテオーカンを始め、勝ち馬だけを見ても【シュンセツ】や【フジマドンナ】が連覇を達成しており、フジマドンナは現4歳時に3着、現7歳時に2着となっており、4年連続で複勝圏内となっていました。

この様に、創設当初から『リピーターの多い』レースだったことは特徴の一つと言えるでしょう。

1983年に重賞に昇格すると、その翌年から敷かれたグレード制で「G3」に格付けされて、早くもほぼ現在の条件が揃うこととなります。

回数施行日競馬場距離優勝馬性齢タイム優勝騎手管理調教師
第1回1983年3月20日中山1800mダンシングファイタ牝51:51.3中野栄治元石孝昭
第2回1984年2月26日中山1800mメジロハイネ牝41:52.7的場均大久保洋吉
第3回1985年2月24日中山1800mシャダイコスモス牝71:48.8加藤和宏二本柳俊夫
第4回1986年2月23日中山1800mユキノローズ牝41:49.6郷原洋行佐々木猛
第5回1987年3月1日中山1800mカツダイナミック牝41:48.8大崎昭一和田正道
第6回1988年2月28日東京1800mソウシンホウジュ牝41:47.2柴田善臣古賀末喜

平成・令和時代:重賞路線常連の牝馬が続々

平成に入ってからも、競走馬としても後に繁殖牝馬としても活躍するような馬がこのレースを制しています。斤量などの関係で、バリバリの一線級が勝つことは珍しかったのですが、牝馬路線を盛り上げた重賞クラスの馬が名を連ねています。

と、1990年代付近だけを抜き取っても、懐かしい名前が並んでいます。

created by Rinker
¥1,280 (2024/03/02 04:26:31時点 楽天市場調べ-詳細)

更に、2000年代に入ると、

このように2~3歳時にG1を制した馬が、古馬になって重賞制覇を飾れた舞台となっています。そういった意味で、直近で成績が振るわない馬が復活を目指す舞台としてのニーズは高いのかも知れません。

そして、2011年は、本来であれば3月の第2週の日曜日、すなわち2011年3月13日に中山競馬場で開催される予定でしたが、ご存知のとおりその2日前(3/11)に起きた東北地方太平洋沖地震によって、中山開催が中止され、「中山牝馬S」も延期となりました。

皐月賞を含めた春の中山開催は、中山GJを7月開催とした以外の重賞が全て阪神(皐月賞のみ東京)に移設されることとなり、創設以来「東京」での代替開催も1度のみだった「中山牝馬S」は関西・阪神で4月2日に開催されることとなりました。

この年に勝ったのが【レディアルバローザ】で、翌年中山開催に戻った「中山牝馬S」も勝って、開催場が関東と関西で分かれた重賞を連覇している稀有な例ともなっています。

第34回2016年3月13日109.75シュンドルボン牝51:50.3
第35回2017年3月12日109.00トーセンビクトリー牝51:49.4
第36回2018年3月10日106.50カワキタエンカ牝41:49.0
第37回2019年3月9日107.25フロンテアクイーン牝61:47.7
第38回2020年3月14日106.50フェアリーポルカ牝41:50.2
第39回2021年3月13日108.25ランブリングアレー牝51:54.8
第40回2022年3月12日107.25クリノプレミアム牝51:46.8

上の表には2016年以降のレーティングを牝馬限定戦の4ポンドを調整した値で掲載しています。「G3の基準:105ポンド」、「G2の基準:110ポンド」の間にキレイに収まっていて、ハンデG3らしい値となっています。

最近はG1級の馬が勝つことは殆ど見られず、G3のど真ん中といった結果となる年が多いようですね。今年は果たして。活躍馬が出ることを期待して。

コメント

タイトルとURLをコピーしました