Rxヒットアーティスト列伝「鬼束ちひろ」

【はじめに】
この記事では、私の「Rxヒット指標」に基づき歌手/アーティストのヒット曲を振り返っていきます。今回取り上げるのは「鬼束ちひろ」さんです。

鬼束 ちひろ(おにつか ちひろ、1980年10月30日 – )は、日本女性シンガーソングライター。本名同じ。身長153cm。血液型O型。2013年からは鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHESのボーカルとしても活動。妹は舞踊家で女優の鬼束桃子。

鬼束ちひろ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Rxヒット指標にみる「鬼束ちひろ」さんの人気曲

まず、私(Rx)のヒット指標にみる「鬼束ちひろ」さんの代表曲をみていきましょう。こちらです(↓)

発売累計pt
CD

DL

再生

カバー
曲名
00/08/0922060509020月光
01/02/09 503020眩暈
01/09/07 302010infection
02/02/06 30101010流星群
03/10/29 201010いい日旅立ち・西へ
1003/11/27 201010私とワルツを
集計方法や企画の主旨については、下の記事に纏めてありますので初見の方はぜひご覧ください(↓)

1位:220万pt(2001年)『月光』

2000年8月9日に発売された。作詞・作曲は鬼束ちひろ、編曲は羽毛田丈史。表題曲は、抑圧からの解放を願うミディアム・バラードである。

月光 (鬼束ちひろの曲)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
created by Rinker
¥3,418(2022/11/27 20:48:19時点 楽天市場調べ-詳細)

「月光」はテレビ朝日系ドラマ「トリック」の主題歌に起用された。ドラマがヒットしたこともあり、オリコンウィークリーチャート初登場30位から11位までランクアップ、10か月近くもチャート内にランクインするロングヒットを記録した。累計売上は50万枚以上を、出荷枚数にして60万枚以上を記録している。これはシングル作品としては自己最高である。

また当楽曲は音楽配信でもロングヒットを続けており、日本レコード協会からダブル・プラチナの有料音楽配信認定(50万ダウンロード以上)を受けている。

( 同上 )
created by Rinker
¥330(2022/11/27 20:48:19時点 楽天市場調べ-詳細)

CD売上のみならず、時代を越えて「デジタル配信」や「YouTube再生回数」、「カバーアーティスト」などの指標にも表れてますし、代表曲であることは「NHKのど自慢」での歌唱実績からも明らかです。

月光/鬼束ちひろ(2016年4月~2022年5月)

  1. 160710-03 ○
  2. 171112-19 ○
  3. 180506-14 ●
  4. 190203-16 ○
  5. 190331-10 ●
  6. 190609-18 ◎
  7. 200126-06 ○
  8. 211010-13 ○
  9. 220501-12 ○

ネットスラング的にいえば極端な『禁止曲』かもしれません。2016年以降で9戦7勝(勝率77.8%)は平均3割を遥かに上回っていますから、衝撃を受けるほどの好成績です。

2位:50万pt(2001年)『眩暈』

  1. 眩暈 [5:08]シングル初のバラードで、「月光」と並ぶ代表曲。「優れた歌唱と同時に、男女の間に潜む亀裂を、別れを切り出しかねている女の立場からモノローグする詞のユニークさによって広く同世代の共感を得ている」という選考理由により第43回日本レコード大賞作詩賞を受賞した。また、この楽曲で音楽番組に出演した際から裸足で歌うようになる。

3位:30万pt(2002年)『流星群』

  1. 流星群 [5:16]自分の醜さを認めながらも人との繋がりを無視しては生きていけないという歌詞で、楽曲のテーマは「(微熱っぽい)体温」。本人曰く「出るべくして出た曲」「前作とリンクしている曲」と言い、「「infection」で『爆破して飛び散った心の破片』が、この「流星群」で星になって降って来る」と解説している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました