ウィキペディア小旅行「コネチカット州」(State of Connecticut)

【はじめに】
皆さん「ウィキペディア小旅行」へようこそ、ツアーコンダクターのRxです。今回は「コネチカット州」を巡っていきます。素敵な旅をお過ごし下さい。

コネチカット州: State of Connecticut)は、アメリカ合衆国北東部にあるニューイングランド地方では最南の。州の北はマサチューセッツ州に接し、東はロードアイランド州に、西はニューヨーク州、南は大西洋に続くロングアイランド湾に接している。イギリスから最初に独立した13州のうちの一つ。日本語ではコネティカット州と書く場合もある。

コネチカット州
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

面積:全米第48位 14,357 km²
人口:全米第29位 3,605,944人【2020年】

概要

州名は、州をほぼ東西に二分するコネチカット川から採られており、「コネチカット」という言葉はこの地に先住したモヒガン族言葉で、「長い川が流れる土地(Quinnehtukqut)」という意味である。

created by Rinker
¥5,940 (2024/02/27 08:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカ合衆国50州の中で、人口では第29位だが、陸地面積では第48位(ロードアイランド州デラウェア州に次いで3番目に小さい)であり、人口密度はニュージャージー州、ロードアイランド州、マサチューセッツ州に次いで第4位である。世帯当たり収入の中央値では第2位である。ニックネームは「憲法の州」、「ナツメグの州」、「堅い習慣の土地」と呼ばれ、アメリカ合衆国連邦政府の発展に大きな影響を残した。

コネチカットとなった領域に最初に入ったヨーロッパ人はオランダ人であり、パーク川とコネチカット川の合流点、現在のハートフォードにフープ砦と呼ぶ小さな短命の開拓地を造った。当初、コネチカットの半分は、コネチカット川からデラウェア川までの大半を含むオランダ領ニューネーデルラントに属していた。

コネチカット川、テムズ川およびロングアイランド湾沿いの港によって強力な海洋国家が作られ、今日に至っている。その他の伝統的な産業は金融業であり、ハートフォードの保険会社やフェアフィールド郡ヘッジファンドが著名である。
2010年国勢調査で、国内でも最大の一人当たり年収、0.962という高い人間開発指数、最大の世帯当たり収入中央値を示していた。コネチカットは大半の指標で裕福な州だが、都市部と郊外部の収入格差が広がっている。

行政区分

人口50,000人以上の都市(上位6都市)

政治と法律

コネチカット州は「憲法の州」として知られている。この称号の起源は明らかでないが、1638年から1639年に制定された「基本的秩序」に拠るか、1787年のアメリカ合衆国憲法制定会議における「大妥協」(コネチカット妥協)に拠るものと考えられている。これら「基本的秩序」がコネチカット州で代表制議会によって書かれた最初の公式政府を形作るものとなった。

経済

アメリカ合衆国商務省経済分析局はコネチカット州の2010年総生産が2,370億米ドルだったと推計している。2007年の一人当たり年収は64,833米ドルであり、国内第4位だった(上位はワシントンD.C.デラウェア州アラスカ州)。しかし州全体では所得格差が大きい。

主な会社など
コネチカット州に本拠地のある企業には以下のものがある。

上場企業

非上場企業

その他

日本の姉妹都市

コメント

タイトルとURLをコピーしました