Rxヒットアーティスト列伝「星野源」

【はじめに】
この記事では、私の「Rxヒット指標」に基づき歌手/アーティストのヒット曲を振り返っていきます。今回取り上げるのは「星野源」さんです。

星野 源(ほしの げん、1981年昭和56年〉1月28日 – )は、日本シンガーソングライター俳優埼玉県出身。

インストゥルメンタルバンドSAKEROCK2015年に解散)のリーダーとして、主にギターマリンバを担当していたほか、エッセイストコラムニストとしての顔も持ち、複数の連載や刊行物を著している。

所属事務所アミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業)。所属レーベルはビクターエンタテインメント内のSPEEDSTAR RECORDS

星野源
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Rxヒット指標にみる「星野源」さんの人気曲

まず、私(Rx)のヒット指標による「星野源」さんの代表曲をみていきましょう。(↓)

集計方法や企画の主旨については、下の記事に纏めてありますので初見の方はぜひご覧ください(↑)

2位:95万pt(2015年)『SUN』

フジテレビ系水10ドラマ『心がポキッとね』の主題歌のオファーを受け、台本を読み込んで書き下ろした。星野にとって、キャリア初の連続ドラマ主題歌となる。

J-WAVETOKIO HOT 100』では、2015年5月17日のオンエアから翌月6月28日のオンエアまで、日本人アーティストとして、初となる7週連続NO’1を記録している。

SUN (曲)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
created by Rinker
¥1,166 (2024/02/26 22:02:42時点 楽天市場調べ-詳細)

1位:230万pt(2016年)『恋』

楽曲は自身が出演したTBS系テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌としても使用された。

この楽曲は音楽評論家から肯定的評価を受け、特に評論家は現代社会における新しい価値観として”恋”の多様性を歌っている点を評価している。
「恋」は商業的にも成功を収めており、Billboard Japan Hot 100総合シングルチャートでは7週連続、通算11週にわたり週間1位を獲得。また2016年のJapan Hot 100年間チャートでは第3位、2017年Japan Hot 100年間チャートは第1位を記録した。日本レコード協会によるゴールドディスク認定では、CD25万枚以上を出荷しプラチナ、デジタル・ダウンロードでは100万ユニット以上を売り上げミリオンにそれぞれ認定されている。

ビデオの作中で星野とELEVENPLAYが踊った「恋ダンス」は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の出演者によってドラマのエンディング映像内でカバーされ、このカバーのYouTube上での動画総再生回数は7,500万回以上に及んだ。さらにSNSユーザーや有名人・団体も恋ダンスのカバー動画を投稿。全投稿動画の総再生回数は8,000万回以上に達する反響を呼び、日本国内において社会現象となった。また楽曲は『第67回NHK紅白歌合戦』でライブ・パフォーマンスされ、第89回選抜高等学校野球大会入場行進曲(編曲・酒井格) にも選出されている。

恋 (星野源の曲)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
created by Rinker
¥1,320 (2024/02/26 22:02:43時点 楽天市場調べ-詳細)

5位:65万pt(2017年)『Family Song』

表題曲は日本テレビ水曜ドラマ過保護のカホコ』の主題歌に起用。……前作「恋」は、自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として書き下ろされたが、今作は自身が出演しないドラマに新曲を提供した。

Family Song
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
created by Rinker
¥1,320 (2024/02/27 05:25:24時点 楽天市場調べ-詳細)

3位:75万pt(2018年)『ドラえもん』

表題曲である「ドラえもん」は『映画 ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として、B面の曲である「ここにいないあなたへ」は同作の挿入歌としてそれぞれ書き下ろされ……た。

星野は2016年ごろにドラえもんの映画の主題歌と挿入歌のオファーをもらった。オファーしてすぐに制作に取り掛かると、映画が公開した時にアイデアの鮮度が失われるという考えから、星野が楽曲の製作に取り掛かったのは脚本を受け取った後である。

星野は大長編シリーズに共通する要素を歌で表現したいと考え、曲の題名を「ドラえもん」に決めた。 星野は作品名を曲の名前にすると世界観を狭めるおそれがあるとしつつも、「ドラえもん」という言葉は誰もが知っているため、今しかないと思ったとドラえもんチャンネルの特設サイトのインタビューの中で振り返っている。

ドラえもん (星野源の曲)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
created by Rinker
¥1,146 (2024/02/27 05:25:24時点 楽天市場調べ-詳細)

3位:75万pt(2018年)『アイデア』

表題曲である「アイデア」はNHK 連続テレビ小説半分、青い。』の主題歌として書き下された楽曲。

2018年(平成30年)3月14日に、星野源が『半分、青い。』の主題歌を担当し、タイトルが「アイデア」であることが発表された。4月の放送開始から4か月後の2018年8月1日に、朝日新聞の一面すべてを使用した全面広告で自身初の配信限定シングルとして2018年8月20日にリリースされる事が発表された。その後、いくつかの都市でアイデアの宣伝トラック「アイデア号」が期間限定で出現した。

アイデア (曲)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメント

タイトルとURLをコピーしました